夕暮れのワットプー

〜第2弾〜

フランス人オーナーのお店で、私も購入!

この子は、錦糸町に連れて帰ります。新しい仲間をよろしくです♡

ワットプーに到着。

今日は先週と気温が全く違う、、暑い!!

昼間はとても観光は難しく、夕方に来ることになりました。

お祭りから1週間。綺麗にお掃除されていました〜

今回のラオス人ガイド、ゴーイちゃんです♡


こちら、プルメリアの木と花はラオスの国花です。


通常は5つの花びらですが、4つ、もしくは6つの花びらを見つけるとお願い事が叶うのだそう。

みんなで頑張って探して、、、

あった!!

ひとつ取ってない?と疑惑をかけられ。

6つはさすがに誤魔化しきかないよね、と話しながら笑お願い事が叶いますように、、(≧∇≦)

シヴァ神が彫られた石が残されているのは非常に貴重なのだそう。

鳥の花、と呼ばれるのだそう。かわいい♡

本堂の仏像。神々しい、、

美しすぎる、夕暮れのワットプー。

国境

〜第2弾〜

タイ国境、国王のお写真が変わっていました。

イミグレーションで手続きして

トンネルを潜れば

そこはもうラオス笑

車で走ること30分、お昼ごはん!

川沿いのレストラン。

ほぐし魚の野菜包み、ミャンプラー

魚のラープ、ラーププラー

と、たっぷり生野菜

魚の内臓のとネギの和え物。酒を、、!ウクルアンナイプラー

魚の内臓を下処理しているところ

南ラオスは、メコン川の魚に恵まれた地域。

2日間、南ラオス料理を食べまくります!

ベトナム式朝ごはん

〜第2弾〜

お迎えをした後は早速1食目の朝ごはん!

最初の食事はベトナム式麺。

ベトナム戦争の頃に移住した人達がタイ東北、特にウボンラチャタニー含む4つの県に多く住んでいます。

料理も、ベトナム式タイ料理とも言える料理が日常的に食べられています。

麺料理はたっぷり野菜と共に。


カノムチンと鶏肉のココナッツカレー

センレックと豚肉のココナッツミルクスープ

カノムチンと牛肉クリアスープ

おやつにカノムソートサイ

白玉団子生姜&ココナッツミルクかけ


これからラオスに向かいます!

東北料理オンパレード〈第1弾完〉

最後の食事はザ、東北です!

赤蟻のサラダ、ゴーイ

揚げ魚のハーブ乗せ、プラールイスワン

トントロの和え物、ナムトックコームーヤーン

東北発酵ソーセージ、サイクロークイサーン

プラーラーのココナッツディップ、ロンプラーラー

鶏肉のグリル、ガイヤーン

ソムタム

アヒルラープ



この後は、最後のご挨拶。

私は、、、

最後は全員が笑顔になれてホッとした気持ち、

様々な条件で、全ての工程を体験できなかった方々に申し訳ない気持ち、

様々な複雑な想いがありましたが、思い返すといつもみんな笑顔で、イサーン料理を囲みながらたくさんの思い出ができた旅でした。

皆さんの明るさお気遣いとご協力、支えてくれたスタッフ全員のおかげです。(スタッフの紹介はまた2弾で☆)

ご参加頂いた皆様、本当に本当にありがとうございました!

mayがご案内する東北、南ラオスの旅第1弾[完]

サームチャイブランド

〜第1弾続きです〜

豚肉を使った製品の工場見学です!

市内には、豚肉製品の工場、お土産屋さん、レストラン3店舗を経営するサー

ムチャイブランド。

手作りのムーヨン(豚肉のでんぶ)作りがこんなに大変だなんて!

豚肉を3時間茹で、味付けして6時間交代で煎る、、一切添加物を使わない努力の賜物なんですね。
ムーヨー(豚肉の蒸しハム)も、手作り。一つ作るのに、10枚以上もバナナ葉を重ねて。


味見してから、直営店でお買い物。

オーナーの奥様、ブアイさん(中央)

この後はホテルで休憩していよいよ最後の食事へ!

朝ごはん

〜第1弾続き〜

市内の朝市で市場ごはん。たくさんの東北名物を堪能!

もち米に合うおかずたち。

ベトナム式ライスペーパー焼きに蒸しライスペーパー乗せ


東北式カノムチン



そして、マンゴー!オックロンとナムドクマイ盛り合わせを4キロ笑 

この後は、カオゲーン屋(おかず屋さん)



各々3品ずつのぶっかけごはん。

以上、朝ごはんでした笑

ウボンラチャタニー市内

〜第1弾続き〜

ホテルに戻りホテルの朝ごはん。こちらもベトナム式、東北名物カイカタ。

目玉焼きに、ムーヨーやクンチアンをトッピング。

ホテルをチェックアウトして、ウボンラチャタニー市内へ。

途中、絶品クイチャップ。麺はモチモチながら柔らかく。

おやつは肉まんを車内で食べながら笑

ホテルにチェックインして休憩した後は、チムチュムの夜ごはん!

43年間続く老舗です。野菜たっぷり。

副菜も、東北オリジナルの砂糖なしの味付け。

ナムトックや、

お日様ビーフ。

残すところ1日。早すぎる、、、

メコン川の恩恵

メコン川とムーン川が交わるこの地域では川に含まれる栄養分がより増すのだそう。

こんなに大きな川海老も、たくさん獲れます。 

海老尽くし。

お料理は第2弾で、、!

翌朝は朝日を見に。

夜明け前にホテルの船着き場から1番美しいポイントに向かいます。

少しずつ太陽が。

美しい、、東北の太陽。


コンチアムの朝市で、市場ごはん。写真は第2弾で、、、


メコン川の恩恵を満喫しました☆