ナームサイの定義って?

2016年2月26日

フォローする

タイへ初めて行ったときにトムヤムクン
辛くて酸っぱくて・・・
それから遠ざかっていた。

いつだったか、久々に飲んだトムヤムクンのおいしかったこと。
まろやか、濃厚。
そのとき、2種類のトムヤムクンがあることを知った。

☆トムヤム・ナームコン(濃いスープで濃厚タイプ)
☆トムヤム・ナームサイ(透き通ったスープですまし汁タイプ)

その違いは、調味料。
ナームコンにはチリインオイル、牛乳、エバミルク、ココナツミルクでコクとまろやかさをだす

ナームサイは牛乳などは入れずに、ハーブが多く入る

そこでちょっとした疑問点。
チリインオイルは通常ナームサイには入れないが、入る店もある。

あるタイ人曰く、
「チリインオイルは入れても透き通っているのだからナームサイだよ。」

またあるタイ人。
「ナームサイにチリインオイルが入ればナームコンだよ。」

う~ん。ナームサイの定義って・・一体

最近トムヤムをよく作る。
ハーブの爽やかさがダイレクトなナームサイ。

tomyam kai
tom yam gai

その日によって
鶏肉の日。
貝の日。(浅利やはまぐり)
魚の日。(あらで作ると最高♪)
きのこの日。(エリンギがお気に入り)

辛いトムヤムを食べるとなぜか肩こりが楽になって、熟睡できる
・・・気がする。是非お試しを♪

こちらの記事もご覧になってください。

  • 商品開発商品開発 企業で商品開発のお手伝いをさせて頂いてるのですが毎回、目から鱗です。 私が調 […]
  • メーサロンへメーサロンへ 今日は朝から2時間かけてメーサロン山へ。 朝ごはんはわんこ舟そば。(一杯が少 […]
  • 藍染工房藍染工房 OTOPの婦人会の方から紹介された藍染工房に行ってみました。 バンコクから […]
  • 一皿の幸せ。
  • カオチーパテカオチーパテ ラオスのおやつは、バインミー! ラオス語はカオチーパテと呼ばれます。 前回 […]
  • オースワンオースワン