父のタイ語の先生♪

2016年1月3日

帰宅すると父が
「pai nai maa」ไปไหนมา(どこへ行ってきたの?)

へ?目をごしごし。

それに続けて
「sawad dee krab」สวัสดีครับ(こんにちはなどの挨拶)

夢の中の出来事かと思った

驚いた。
父の発音の良さ。
タイへ行ったこともないし挨拶程度のタイ語さえ知らない。
もちろん声調があることももちろん知らない父がなぜ

なんと父は流行りの、“脳を鍛える~”ソフトを買ったついでに、最近までCMをしていた“旅の指差し会話帳タイ語”を買って一人で勉強していたらしい

早速開けてみるとカテゴリー別に分類され、あいさつ、呼びかけ、数字と単位などの基礎的な言葉から、
「何してんの?」
「へぇ~」
「ほんとだってば。」など普段さりげなくタイ人が使う言葉まで載っている。

タイ人のネイティブな発音で、すべての言葉を発声してくれることが父の発音が良かった理由。
また、遠慮せずに何度も聞きなおせることがどんな本でも代用できない、このソフトの最大のメリット

そして凄いのが会話になるように名詞+疑問詞などを組み合わせて発声してくれること。
例えば、“シャツ”“~はありますか?”を別に選択しても
「シャツはありますか?」
こうした会話として発声してくれる。

しかしこのソフト、評判はいまいち。
実際にタイでタイ人と会話をする、という目的では需要がなかったのかしら

たしかに目的の言葉を探すのに時間がかかる。
見つけるまでにドコドコ~。ピコピコとしていたらタイ人が待ちきれずに去ってしまいそう。。

しかし、これからタイ語を勉強する方、タイ語を勉強して発音でつまずいている方に、タイ語のテキストとしてとても勉強になると思う。

なんといっても、タイ語の話せない父がタイ人の発音(笑?)になるくらいだもの♪

ちなみに最近の父のお気に入りの言葉。

「fui!」เฮ้ย(納得がいかなかったときの、おい、まてよ!的な言い方)
「・・・。」

こちらの記事もご覧になってください。

インスタグラム