メーサロンのアカ族の村へ

到着!チェンライ市内より3度から5度気温が低く、ひんやり。 オーナーのヨハンさん。(左)この村で育ち、チェンマイで学生時代を過ごし、イスラエルへ農業を学びに留学、村に戻ります。

アカ族が今までの生活をしていたら、村は発展しない。この村で収益を得るには?と

自分達のアカ族の生活を伝えたいと観光業を選択し、今に至ります。

アカ族の伝統的な家は赤土で作ったもの。 ヨハンさんがイスラエルで学んだオーガニック栽培は、村全体で取り組んでいるのだそう。

こちらのアカ族にお願いしたのは

1.村でオーガニック野菜を収穫したい

2.アカ族のオーガニック野菜料理を一緒に作りたい

3.アカ族のブレスレットを作りたい

まずは1.野菜の収穫から。

飼い犬のランボーが先導。ヨハンさんがいない時はランボーが案内人なんだとか。

畑に到着。お母さん早い、、アカ族に欠かせない、ホムチューという、ネギのような、らっきょのような野菜。

散策の途中で手作りの椅子を作っていたり、それを売って収益にするために、イベントに参加したりしてるのだとか。ヨハンさん影響力あるなあ、、

戻ってお料理ですー!

こちらの記事もご覧になってください。

  • なぜアカ族?なぜアカ族? なぜ、またもやアカ族?と疑問をお持ちの方も多かったはず。 チェンライのツアー […]
  • メーサロンへメーサロンへ 今日は朝から2時間かけてメーサロン山へ。 朝ごはんはわんこ舟そば。(一杯が少 […]
  • 帰国いたしました!帰国いたしました! 1ヶ月近くタイに滞在しておりましたが、 今朝帰国いたしました! 2回のツア […]
  • アカ族のコーヒー人生3アカ族のコーヒー人生3 食事の後は、いよいよコーヒーについて。 バリスタさん、 「アカ族にとってコ […]
  • 白粥と中華おかず白粥と中華おかず 1日目は少しお腹に優しいものを笑 湯葉の中には塩卵とクンチアン。甘い梅ソース […]
  • アカ族のコーヒー人生1アカ族のコーヒー人生1 チェンライは、今ではコーヒーの産地としても有名です。 中でも、アカ族は美味し […]