ラオス料理

4年前にツアーをしてからずっと来てなかったパクセーでは、前回より現地に踏み込んだお料理を探しに。

ラオスコーヒーの産地で、猪と水牛のネームを。バナナの葉でなくコーヒーの葉に包んで焼いたもの。

魚とレモングラスの卵包み蒸し。

タイのソムタムプラーラーとも少し異なる、タムマークフン

これぞラオス料理、タケノコのゲーン

地鶏焼きと牛肉干し

南部では食べる習慣のない、辛味のある木が入ったオラームは北部出身の人に特別に作ってもらったもの。
ラオススタイルのサイウア。

魚の内臓ラープ

そして、タイとは異なる文化、フランスパン。

肉味噌や野菜を挟んだカオチーパテ

ウボンラチャタニでも有名なタピオカ麺 

ベトナム式牛肉のフォーは至る所に。

ラオスでは毎回もち米。

たくさんの情報と、体重も得た下見旅行、、、

こちらの記事もご覧になってください。