最後のチャオタイ

2016年2月26日

フォローする

ブログで何度か登場している横浜のチャオタイ。
19日の閉店を前に、お邪魔してきました

今日はとことん、裏メニュー

☆長茄子のディップ
タム・マックア
材料を蒸し焼きにしてから叩くのでホムデンの優しい甘みがあって
もち米がいくらでも食べれそう♪
tam makua

☆海老のたたき東北スタイル
タム・クン・イサーン
2つの地方の違い。
東北スタイルは、カオクアが欠かせない。
tam kung isan

☆海老のたたき北スタイル
タム・クン・ヌア
北スタイルにはスパイスが欠かせない。カオクアは入らない。
tam kung nwua

☆ジャックフルーツのディップ
タム・カヌン
熟していないジャックフルーツは、野菜として扱われる。
ホクホクした風味があって、誰かが、ツナに似ている!と言っていた。たしかに似ている・・・!今日の一番人気♪
tam kanun

☆北のハーブソーセージ
サイ・オア
手間のかかるソーセージ。手作りのサイウアを作る日本のレストランは殆どない。
手作りはやっぱりジューシー。
sai oa chaothai

☆老鶏のゲーン・オム
ゲーン・オム・ガイ・ニィオウ
日本では老鶏が好まれていないせいか売られていないが、肉質は
歯ごたえがあって、モチモチしている。
タイでは料理によってガイ・ニィオウを好んで使われる。
ガイ(鶏)・ニィオウ(粘った)
通常は、粘った状態をニィオウと言うが、硬い肉を表現するときにもニィオウを使う。
ちなみにケチは“キー・ニィオウ”
geang oom gainiaw

☆北のラープ(牛肉)ラープ・ヌア(北)・ヌア(牛)
さすがに生は・・と今日は火を通した北のラープ。
スパイスがたっぷり。
raap nwua

☆もち米炒りたけのこカレー
ゲーン・プルゥ
ゲーン・プルゥが食べれる店があったなんて!
とろとろスープととたっぷりの野菜!
geang pluw

他にも、トントロ焼き、鶏の炙り焼き、さつま揚げなど数種類・・・

こんなに素敵な店が閉店するのは名残惜しいけど、最後に楽しい仲間とチャオタイならではの料理が満喫できて、幸せな日を過ごすことができたことに感謝

こちらの記事もご覧になってください。

インスタグラム