チェンマイ名物を満喫!

2016年1月3日

フォローする

mayがご案内する食と癒しのチェンマイ5日目

いよいよ今日が最終日。
楽しい時はあっという間ですが、最終日も濃い内容満載です!

まずは食の発信源である市場へ。
今回訪れたのはワロロット市場&トンラムヤイ市場
warorot
チェンマイで最も大きい市場で、道を挟んで2つの市場が隣接しているので
殆ど何でも揃います。
nai talat
北の食材が豊富で、チェンマイのお土産を見つけるにもおすすめです。

私がおすすめするのは、
チェンマイ名産のラムヤイ(竜眼)を乾燥させたもの。
煮出せばラムヤイジュースの出来上がり!
タイが恋しくなると飲みたくなる味です。

ちなみに、今の時期はちょうどラムヤイが旬。
ラムヤイを食べすぎると、タイ人が口を揃えて「口内炎ができるよ!」と言います。
何度タイ人からこのセリフを聞いたことでしょう・・・。

それから、チェンマイと言えば名物料理のラープ。
ラープと言うと、東北地方のカオクア(米の粉)が入るラープが
知られていますが、チェンマイのラープは、
カオクアは加えずに、様々なスパイスと
ハーブを叩き潰したものが加わる郷土料理です。laap nwa
なかなか日本では食べられないので、
このスパイスペーストはタイ料理好きには喜ばれるお土産。
(ちょっとディープだけれど・・・)
このペーストが美味しいと評判のお店をご紹介しました。

他にもおすすめはたくさん!
おすすめする度に皆さんの荷物はパンパン・・・

その後は昼食。
日本人に人気のチェンマイ名物と言えばカオソーイ(カレーヌードル)
チェンマイでおいしいと言われるお店は何軒もありますが、
その中でも人気なのが
カオソーイ・ラムドゥアン
kaosoi
ここの売りは濃厚なスープでしょうか。
こってりしているけれど、漬物と赤小玉ねぎ、ライムでさっぱりと
食べれるのもこの料理の魅力でしょうね。

もう一品、私のおすすめで北部名物の
カノムチーン・ナムギィオウも注文しました。
namngiaw

そうめんに、肉とトマトと乾燥させた綿の花びらが入ったスープをかけて
食べるお料理。
固めた血が入るので日本人には苦手に感じるお料理ですが
食べるごとに美味しさが見えてくるお料理です。

チェンマイは澄んだスープ、チェンライはこってりスープと
同じ北地方でも味が異なるんですよ。

でも、やはりカオソーイは大人気でした!

この後はサイウア(チェンマイハーブソーセージ)が有名なお店で
試食とお買いもの♪
ここよりもトンさんおすすめサイウアの方がおいしい。。

次回は、いよいよ最終回!!(やっとここまで来ました・・)
必見!癒され~る貴重な体験記と絶景レストランをご紹介します♪