おぉ!なんと癒しのカフェin Tokyo イベントへ

2016年1月3日

先日、島根県邑南町(おうなんちょう)が主催するイベント
おぉ!なんと癒しのカフェin Tokyo
に参加してきました。
8

お恥ずかしながら島根県についての知識が全くなかったのですが
イベント終了後には
島根県の食材についてもっと知りたい!!と強く思ったのでした。

邑南町は、全国公募型の田舎の逸品おとりよせコンテスト
“Oh!セレクション”
邑南町の生鮮食材を全国のイベントで出かけてプロモーション展開する
“Oh!マルシェ”
そして今回のOh!セレクションに認定された食材で構成されたメニューで
展開するカフェイベントをプロデュースする
“Oh!カフェ”など、
町ぐるみで様々な取り組みをされていて
勉強になったのはもちろん、
何よりもすっごく元気をいただいてきました。

それでは早速、邑南町が発信する逸品を集めたお料理を
ご紹介します!

邑南町の野菜畑と瑞穂のキャビア
なんと、邑南町ではチョウザメを養殖しているそうです!
豊かな自然が育てたお野菜。
1

石見ポークの香草パン粉揚げ・かぼちゃソース3

一夜干しのどぐろの蒸し焼きスープ仕立て
4
のどぐろの一夜干しも珍しいと思ったのですが
私は下にあるご飯、ハーブ米にピピッと来ました。
ハーブの一種である、赤つめ草を稲と一緒に育て、ハーブの作用で害虫から守り、
枯れ落ちたら肥料になるそうです。
素晴らしいと思いました。
もしかしたらハーブが豊富なタイでもそういう活用があるのかしら・・?
とは思ったのですが・・?

石見和牛のステーキ狩人のソース、じゃがいものグラタンときのこ達
6
年間200頭のみ、それも出産していない牝牛だけが
石見和牛と呼ばれるそうです。
牛肉がフレッシュですっごく柔らかかったです!

邑南町のお米とハーブのパン
5
上新粉で作っているのでもっちり、しっとり!
時間が経ってもふかふかでこれは是非購入したいと思いました。
ハーブが香り、こちらも同様米とハーブが豊富なタイでも
流行りそうだわ~と一人で考えてました。

自然放牧牛乳のアイスクリームとマロン入りのクレームブリュレ
7
こちらもすぐ購入したい!と思ったほど美味しかったー
アイスクリームがしつこくないのにミルクの風味が濃厚で!

食事後は、Oh!セレクションの審査員長をされている
平野レミさん、ANAクラウンプラザホテル黒越シェフ、
農家のこせがれネットワークの宮治さん、
邑南町長の石橋さんによる
トークセッションがあり、
人々の温かさ、自然が豊か、食べ物がおいしい
邑南町をもっと知りたくなりました。
9

大切に作られた食材だからこそ自信を持って
伝えられる。
生産者も消費者も元気になれる
素敵なイベントに参加させていただきました。

当日の様子が、山陰中央新報に掲載されていました!→こちら

インスタグラム