【ヤミーズディッシュベトナムの旅南部~中部編】3日目

2016年1月3日

フォローする

ヤミーズディッシュベトナムの旅南部~中部編】3日目

朝ごはん
スペアリブのフーティウ。
1
この旅では2回目ですが、また風味が異なる。
プノンペンスタイルとベトナムスタイルの違いなんですって。
野菜たっぷりは嬉しく、朝から野菜をむしゃむしゃ。わさわさ。

昼ごはん
ホーチミンから始まる中部への縦断、最初のポイントは
ムイネーという、ローカルなリゾート地。
タイの田舎に通ずる雰囲気、開放的なリゾート気分で一気にテンションがハイに!
その状態で頂いたのがこちら、
私の心にずどーんと響いたお料理。
2
白身魚をお酢で〆てタレと和え、それを薄いライスペーパと
焼いたゴマのライスペーパー、レタス、ミント、大葉、青マンゴー・・
たっぷりのハーブと共に巻いて、
それをピーナッツバターベースのソースにつけて食べるお料理、
これはタイ料理にはない組み合わせ。
ベトナム料理の真髄を知り、クラクラ状態。

忍さんと昔からのお友達とご一緒に。
5

特筆すべきはヌクマム。
4
この辺りは、上質なヌクマムの産地なんですって。
旨みが濃い。それなのに、クリア。
工場まで行って見せてもらったのがこれ。
6
ナムプラーと全く同じ製法なのに、異なる風味は何だろう。
やはり、両国共に時間をかけてじっくりと抽出したものはおいしい!
7

夜ご飯
シーフード三昧。
セミ海老のグリル
10
わたり蟹のグリル・・・
9
ベトナム式は、塩、こしょう、レモンで食べるのが一般的なんですって!
調理法は全く同じでも、タイとは異なるので興味深い。

ハタの醤油蒸し。
11
ここまでは、タイにも似た料理があるのですが、ここからベトナム。
やはり巻くのです。やはりハーブたっぷりでいくらでも巻けちゃう。
醤油風味とライスペーパーが合うなんて不思議ー!
巻き巻き、バンザイ!

~番外編~
ホーチミンからムイネーの移動がこちらのバス。
ここまでリクライニングになるから疲れないので楽!
11

ムイネーの砂丘にジープで向かい、
私と忍さんはバギーで砂丘を満喫。
8
アラフォー女子2人、はしゃぎすぎ笑

伊藤忍さんのブログ
渡辺玲さんのブログ

こちらの記事もご覧になってください。

旅行

Posted by may