国境へ

2016年1月3日

フォローする

せっかくカンチャナブリに下見に
来たので、ママがタンブン(徳を積むこと)をしたいと味を延ばして
ミャンマーの国境近くまできました。

お寺の名前は
ワットワンウィウェークガーラム
(長っ)

モーンスタイルの、お寺なんだそう。

ママが前から来たかったお寺らしく、
ずっと鳥肌が立ってました、、、

木製の橋ではタイで最も長いという、
ウッタマヌソーン橋。
カレン族、ミャンマー人、モーン族と
様々な人種を見ることができます。

橋が古く、木の幅も広いし、
下は幅100メートルのダム湖。
携帯を落とさないように
写真を撮るのが必死。

夕方は市場で食べ歩き。
ミャンマー式サラダ

不思議な食感と、面白い味。

豚のおでん

豚肉が柔らかくて、
食べやすかった!


ミャンマー式おでん、という看板。
国境近くは、異文化の味も体験できて
楽しいなー

夜はダム湖沿いで。
モーン族の娘サラダ

地場の野菜、パッグーッの炒め
(こごみに似た野菜)

魚団子のゲーンパー

普段、魚団子を選ばないのですが
こちらのお団子が美味しかったっ!

この辺の名物、
ソーイ魚の唐揚げ

ビールに合う~

ホテルに帰って、
昼間買った名物料理、
プラーソム(なれずし)と
ハーブのセット、
(また食べてる)

うん、プラーソムは
やはりホムデンとマナオがいいかも。

バルコニーから
ダム湖を眺めながら、
虫の声だけを聞きながら
なれずし、ぬか漬けディップとビールで
幸せ笑

こちらの記事もご覧になってください。

MAYの日々

Posted by may