私の癒しの場所

2016年1月3日

フォローする

先日、パソコンの写真を整理していたらあるフォルダだけ妙に写真が多い。

それは・・動物の写真
こんなに動物の写真が多かったのかぁと自分でも驚くほど。
といっても、その半分はうちの猫のこまち嬢の写真
komachi okoru
(こまち嬢 キレる)

そして残りの半分はタイで撮った写真である。

最近仕事でタイへ行くことが多い中、時間を見つけて行く場所。
動物園
私にとって、エステよりも癒される時間、
タイの自然の中で象に乗るのは知られているけれど、タイにはオープンズーがいくつかあって、動物と近くで触れ合える動物好きにはたまらない動物天国~なのです。
特にバンコクからパタヤ方面にかけては、最も外せない。

私のお気に入り、シラチャータイガーズー(สวนเสือศรีราชา )
は迫力ある何百頭の虎を見る事ができて、
かわい~い虎の赤ちゃんをだっこして写真が撮れることで知られてます。
最初の頃は、行く度に写真を撮って虎をだっこできる幸せを噛み締めていたものの、無理矢理ミルクを飲まされているのを見るのが可愛そうで最近はその前を通るたびにジレンマに悩まされる私・・・。
だっこしたいぃ・・
ruuk swa

また、ここの名物と言えば親豚が虎の赤ちゃんを育て、親虎が豚の赤ちゃんを育てるなんとも奇妙な光景が見られるのです。

虎も可愛いのですが、私がシラチャータイガーズーへ行く毎回のように行く理由はこの子達に会いに行くためかもしれない・・。

この子、この子!
行く度にいつも手を引っ張り、お菓子を買いに行こうとせがむ。
お金がないと買えないこともすべてわかっているのだ・・。
ruuk 1

やんちゃ坊主に襲われた図。隣のお友達はいつも冷静でしかも迷惑そう・・
ruuk2

カオキオウ オープンズー(สวนสัตว์เปิดเขาเขียว )にて象に持ち上げられた姿。
ひょひょいと軽々?すっごい力持ちなのね。
chang

パタヤにある新名所Sanctuary of Truth(ปราสาทไม้สัจธรรม )
圧倒される木彫りの彫刻でできたお城。20年経った今も建設中であと20年ほどかかるのだとか。
彫刻とスケールに感動!少々高くても行くべし!
prasaat

この施設の中では、馬に乗ったりイルカのショーがあったりと、何かと動物に触れ合える機会が多い。
イルカのキス・・許されるのなら飛び込みたい・・・
plaaloma

こんなに紹介してみたものの・・
癒しの時間とはいえ
私なんでわざわざタイまで行って毎回動物ばっかり見に行ってるんだろうか・・・?
ふと浮かんだ。

こちらの記事もご覧になってください。

旅行

Posted by may