貴重な店。

2016年2月26日

以前ご紹介した横浜のタイ料理店。
北の郷土料理をストレートに伝える忠実さ。
日本人の嗜好に合わせない、媚びない姿勢。
プライドがあってとても素敵なお店。
タイ仲間が誘ってくれてまた訪れることができた。

今日も北料理のオンパレード

茄子のディップ ตำมะเขือยาว
tam makwua

材料は茹でるのではなく、包み焼きにしてから調理をするので
香りがよく仕上がる。
イサーン地方は炒り米が入るのに対して北地方はガピが入る。
茹で卵を添えるのも特徴。
お母さんのようなコックさんが作る料理は北タイの家庭の味

ワーン菜と蟻の卵のカレー แกงผักหวานใส่ไข่มดแดง
geang phakwaankhaimodeang

蟻の卵は東北、北料理によく使われる。
サラダにすると卵の酸味が引き立つが、卵焼きにすると酸味もなくなり、プチプチと歯ごたえも良くなって食べやすくなる♪

ごった煮カレー แกงโฮะ
geang ho

もともとは、余った材料で作るごった煮。
今はポピュラーな北料理だが、水分がなく春雨炒めか
野菜炒めのように見える。あまり辛くはなく食べやすい一品☆

ナムプーのディップน้ำพริกน้ำปู
namplik nampuu

ナムプーとは、9月10月の旬の田蟹を潰し、濾して煮つめたもの。作る過程の臭いがきつく、昔、子供を産んだ後にその匂いを嗅ぐといけないとか、食べると精神障害になるなどと噂された魔の調味料!?北料理のみに使う。

ラープヌアลาบเหนือดิบ 2バージョン。
laap neua diplaap nwua suk

この違い。
火を通してあるか生か。の違いである。
生の豚と豚の血を何種類ものスパイスで和えて食べると生肉の甘みがあり血生臭さはあまりない。・・ものの、一口で止めておいた。
タイに造詣の深い方達ばかりのため、みなさん躊躇わずにパクパク。
さすが。。。
時間も経ち、不安を感じたので残りは火を通してもらった。

手作りネームแหนมหมู แหนมเนื้อ
neam muu nwua

ネームは豚が一番だと感じた
牛はネームにしても肉の身がしまらなく、やわらかさが逆にマイナス。

ナムプー入りたけのこサラダ ยำหน่อไม้ใส่น้ำปู
yam nomai nampuu

イサーンのたけのこサラダとの違い。
炒り米→カピ。
プラーラー→ナムプー。

青いマンゴーと干し魚のサラダตำมะม่วง
tam mamuang

青いマンゴーサラダ。さっと炙って粉状にした干し魚がたっぷり。
私の今日の一番お気に入り料理
チャプルー菜との相性が◎だった。

「これも、これも北料理全部食べてほしいわね。
でもね、私はこのガピがないと作らないのよ。」
おかあさんが見せてくれたガピは北の地方のガピで、1kg3万円で輸入しているのだとか。
自慢げに見せてくれた顔が自信に満ちていて素敵だった。
kapi dee

ところが、
「この店は来月で閉店することになってしまって・・・。
昔、この辺はタイ人の夜の町として栄えていたの。
でも今は警察や入管の取締りが強化したためにこの街からタイ人が減ってしまって、どうしても日本人商売ではやっていけないらしくて。
都内に何店か支店があるけれどそこではここの料理を出すことはできないの。
しょうがないわよねぇ。」

店に訪れたのは2回目の私だけどこのような貴重な店を失うショックは大きかった

タイ人向けのお店だからこそ、タイ人がいなくなったら成り立たない。
おかあさん達のはがゆかさが伝わってくるのがつらかった。

来月の閉店まで何度も訪れたいな

ブログランキングに参加しました。
クリックお願いします☆
↓   ↓
FC2 Blog Ranking

インスタグラム