「タイ料理関連」カテゴリーアーカイブ

ミシュランガイドバンコク!

今日、タイ初のミシュランガイドバンコクが発表されました!

一つ星を獲得して注目を浴びたのが

ジェーファイという、旧市街の老舗食堂。

ジェーファイ(ホクロのおねえさん) 自ら30年以上腕を振るい、今年72歳ですって!

炭火にこだわり、送風機で風を送りこんなにも強火で調理をするため、ゴーグルがトレードマーク。

たくましい姿には、近寄り難いオーラが漂っているのですが、

看板メニュー、蟹の卵焼きの作り方を近くでソーッと見ていたら、

「見る?こんな風に最初はたっぷりの油を吸わせるの。でもね、出来上がりは全く油ぽくないから見ててね。」と!

わ、、、優しい、、

火加減は、終始超強火。

時間をかけて卵液を丸め外側を固めるように何度も転がし、そして取り出して常温で休ませ、また高温の油で揚げていく。それを繰り返し、そして最後の油の切り方、、!

なんと出来上がりまでの時間は、15分以上。

確かに、この卵焼きは芸術だった!

外サクサク、中ジューシー。中身は、、かに身ぎっしり!他にもお料理を頂きましたが、やはりこの卵焼きが衝撃的。

因みに、、卵焼きのお値段、約3000円。

私は、作り方を見て充分納得。

間違いなくタイで1番高価な食堂で(通常の食堂の10倍位!)きっと様々な声があろう中、自ら腕を振るい、技術料よ!、と言わんばかりの自信に満ち溢れた姿に憧れます。

もう一度見に行きたいな。

ナンプラーでタイごはん発売日!

待ち遠しかった発売日!

思い立った時、おうちでサッとタイごはんを作って、

簡単なのに美味しいな〜

とたくさんの方々からそう思って頂けるような一冊になりますように願いを込めて。

朝10時の書店。笑 あったっ!!

是非お手にとって頂けると嬉しいです。

ナンプラーでタイごはん

モンスーンバレーワインディナー

タイ本国からモンスーンバレーのワインメーカーの方々が来られ、新丸ビルのサイアムヘリテイジで行われたワインディナーセッションにご招待頂きました!

モンスーンバレーとそれぞれにマッチするタイ料理を味わいます。

素敵なセッティング。

メーカーさんのご挨拶。モンスーンバレーは、、タイ料理に合うように作られたワインなんです。

現在日本には、白2種類、赤2種類、ロゼ1種類の5種が輸入されています。

8品の美味しいタイ料理に舌鼓♡

胡椒の香りが効いた少しスパイシーなロブスターに、白が良く合います。

海老の湯葉巻き

牛肉のグリル、もち米、東北式ナムチムジェオ

日本では未入荷のシュナンブラン。爽やかな甘さ。

ご一緒した、ソムリエのお二人。タイが大好きで毎年旅行されるのだそう。タイ料理に合うワインの特徴も伺えました。

日本でタイワインがもっと知られるよう、私はタイ料理とのマリアージュをご紹介したいです。

モンスーンバレー、池光エンタープライズの皆様と。素敵な夜をありがとうございました!

商品開発

企業で商品開発のお手伝いをさせて頂いてるのですが毎回、目から鱗です。

私が調理したレシピがそのまま工業ベースで同じ味で仕上がる嬉しさ。

材料全ての成分が数字となり正確に結果となる驚き。

工業ベースでは使えない材料もあらゆる代用品で、より元の味を再現する開発の方々の努力と知識。

商品部の方々のアイディアやスピード感。

商品開発は、刺激と感動の毎日です。

最終的に形となり、消費者の方々にタイ料理への想いが伝わればもう、、感無量です、、

次の商品も、その日が待ち遠しいです。

試作品を試食する、ある1日。

商品部の、熱いお二方です。なぜか洗い物のショット笑  

嬉しい~

生徒さんから、画像を頂きました!

全部おうちで復習されたそうです。

サイクロークイサーンとサイウア

1日で作ったなんて、、すごい


クアガイ

生麺で作ったのだそう~パリパリで美味しそうっ


カオモックさんまの会の3品

こちらも1日で!

高価なバスマティライス、5キロ買ったんですって、、、


お皿もお料理もどれも美しい。

とても丁寧に作られていて、

美味しかった!と言ってもらえたこと、

本当に嬉しいです(≧∇≦)

ローイゲーオのレシピ

先日テレビでご紹介した

ローイゲーオ

偶然見てたら出てた!という方が多く笑
みなさまご連絡ありがとうございました(^人^)

エアコンの音を消すために冷房を切ったので、
汗ダク。
額の汗がギラギラして、
妙にワイルドなテレビ映りになりました笑

ご覧頂いた皆様、ありがとうございました。

夏バテにぴったりのローイゲーオ、
とっても簡単に作れるので
この機会にレシピ公開しちゃいます!

ポイントは塩。
汗で失われた塩分、
エネルギーとなる糖分、
フルーツのビタミンが一緒に補給できる、
暑い国タイの理に適った
見た目にも涼しげなデザートです。

《材料》
季節のフルーツ 300グラム
特に今なら桃がオススメ

クラッシュアイス 適宜

〈シロップ〉
塩 小さじ 1/2
グラニュー糖100g
水200cc

《作り方》
1.シロップを作る。鍋にシロップの材料を入れて沸騰したら中火で3分間煮て火を止めあら熱が取れたら冷蔵庫で冷やしておく。

2.桃は皮を剥いてくし切りにする。

3.切った桃を1のシロップに浸して1時間程冷蔵庫で冷やし、シロップと共に器によそってクラッシュアイスを浮かべる。

お好みのフルーツで是非っ(≧∇≦)

カオギョウ

なかなか日本では再現が難しいお料理、
カーオギィオウ。

炊いたごはんに混ぜるのは豚の血。

良く混ぜて、味付けをして。


バナナの葉に包み


蒸して、にんにく油を乗せ生野菜と共に。

豚の血のコクと生野菜のさっぱりさが、
たまらない!
北部の伝統料理を教えて頂きました(≧∇≦)

野菜の選別作業のお手伝い。