ガガン

フォローする

2015年、2016年のAsia’s 50 Best Restaurantsで

2年連続1位に輝いた、バンコクのガガン。

前回のタイ滞在でも予約が取れずに、今回初めて訪問することができました。

バンコクにありますが、タイ料理ではなくお料理はインドフュージョン。  

最初に用意されたのが

絵文字?

各絵文字をテーマにした、全22種類の楽しいお料理が運ばれるのだそう。

3番目の爆弾絵文字は、口に入れるとプチンと弾け、ヨーグルトとスパイスが広がる、不思議な食感。

中のスパイシーなソースと甘くないチョコレートがトロける。

キノコの絵文字は、トリュフのムース。間違いなく美味しい。

オーナーのガガンさんは、3ヶ月に1度日本に渡り、日本の食文化、食のトレンドを視察しているのだそう。

それだけに、いくつものお料理に和の要素を取り入れていました。

トロや雲丹は日本から取り寄せ。 雲丹とマンゴーの組み合わせ、すごく新鮮。


レッドマッチャ。トマトとレッドマッチャを一緒に食べると絶妙な、酸味と塩加減。


タイのお弁当箱に入って運ばれてきたのがカレー。

贅沢な量の蟹身が入ったココナッツカレー。

ユニークなデザート。ライスペーパーに粉末のチャイ?とパチパチキャンディー?を包んでパクリ。新しい笑

全22種、食材の組み合わせやプレゼンテーションはユーモアに溢れていて、

口に含んだ時の味覚の広がり方が楽しく、ひと皿ごとにわくわくするお料理の数々でした。

こちらの記事もご覧になってください。

インスタグラム

MAYの日々

Posted by may