【mayがご案内する中部ローカルの旅】午前中も食三昧。

2016年1月3日

フォローする

3日目も元気におはようございます!

メークローンは、以前も紹介しましたが
電車の通り道に市場があるのか、
市場の中に電車が通るのか、アメージングタイランド
rotmaaleaw

ここの線路沿いのクアイチャップ専門店(くるくる麺)で朝ごはん。
午前4時から営業をし、1日1000杯を売る有名店です。

クアイチャップには、ナームサイ(あっさり)
ナームコン(こってり)があり、
こちらはナームコンが得意。
柔らかく煮込まれた内臓は臭みがなく、美味しい♪
kuaijapnamkhon

この後はダムヌンサドゥアク水上マーケットへ移動。
tlatdamnean

ママが住むダムヌンサドゥアクは、
観光地としても有名で
水上マーケットは毎日多くの観光客で賑わっています。
タイでは、値段交渉も楽しさの一つですが
さすが観光地。
3倍、4倍の言い値に対してママがピシャッ!!
swwkhongdamnean
みんなラーカーコンタイ(タイ人価格)で買い物ができました

タイの観光地ではお決まり。
nguu2tua
今季秋冬コレクション。
こちらのモデルさん、大判の蛇柄ストールを
さらりと羽織るかのようにしかもダブル使いでポーズをキメてくれました

嫌がる彼女に対して無理やり、なんと・・ママが乗せました(笑)
kliatman

こちらの帽子、個性的で楽しい思い出になるよ!
とこちらもママが生徒さんに買わせた勧めた帽子、
全員で被ったらこれが今思えば良い旅の思い出。
ホントだね、ママ。
saimuaknairot
saimuak
貸し切りバスの中ではみんなが買ったココナッツのお菓子や
フルーツを交換しながら食べてるうちに
次の目的地へ。

名物ホイロート(マテ貝)が地名になった
ドーンホイロート(マテ貝の中州)へ。
tlatdonhoiloat
海辺には多くのお土産屋さんや
海産物が売られ、
こちらでは私の絶対的におすすめな食材をご紹介。
tlatdonhoirot khontem

クンヘーン(干し海老)
日本ではまず買えない!大きくて立派な
干し海老は、現地で買うのがおすすめ。

プラームックカイヘーン(ちっちゃい干しいか)
これは貴重!タイでもなかなかお目にかかれません。
味が濃くて、揚げて食べるとお粥が何杯でも進む。

プラーインシーケム(サワラの塩漬け)
こちらもお粥のお供、チャーハン、料理のコク出し・・と
すぐれものっ!

とは言え、全部持ち込み禁止なんですが・・・。
エヘヘ・・
plaainsikhem

この後は、お昼御飯!
海辺のレストランでシーフード料理三昧

地名にもなっている、マテ貝を使ったお料理を!
干物や炒め物、様々なマテ貝料理があるのですが
ここは、一番のお勧め、マテ貝のココナッツカレーを。
hoiloat

ゲーンクワホイロート(マテ貝のココナッツカレー)
geangkuahoiloat
甘いココナッツミルクに、チャオム(独特の香りがする野菜)が
たっぷりと入り、甘みと香り、野菜とのバランスがぴったり
の一品♪

ヤムプードーン(漬けた渡り蟹のサラダ)
yamhoidong
塩漬けにした生の蟹をサラダに。

プラードゥックタレーパッチャー(海ナマズのハーブ炒め)
phadchapladuk
脂の乗った海ナマズをたっぷりのハーブで炒めれば
ご飯に最高!

プラームックヌンマナーオ(ヤリイカのレモン蒸し)
plaamwknungmanaw
柔らかいイカを酸味の効いた爽やかなマナーオソースをたっぷり。
タイはイカがとっても美味しい国。

この辺りは、川と海の境。
それぞれの魅力を一度に堪能できるのが贅沢♪

この後は、食器の買い物三昧に続きます

こちらの記事もご覧になってください。

インスタグラム

This error message is only visible to WordPress admins

Error: No posts found.

Make sure this account has posts available on instagram.com.