ラヨーンへ

2016年1月3日

フォローする

2日目は、ラヨーン県へ。
途中、手作り米麺の朝ごはん。
中部地方のナムヤー

第2弾では、米麺カノムチーンの作り方も見せて頂きました!

私が望んだメーカー、
アワビブランドのナムプラー工場へ!
飛び込みにも関わらず、
社長さん自らナムプラーの製造工程を丁寧に説明してくださいました。

11ヶ月のナムプラー

なんて美味しいの~っ(≧∇≦)


お土産まで頂き、、、
アワビブランドの日本進出を切に願います、、、!

第1弾

第2弾

ラヨーンでのお昼ごはんは、
4年前のラヨーンツアーでもお邪魔した
こちらのお店。

ラヨーンならではの、
ハーブ2種が入るゲーンパーが有名。

青いバナナと、田うなぎのゲーンパーや

キンヘーンの風味が爽やかなゲーンガトゥー。

名物の、カオホーガープマーク。
マークの皮に包まれたガピのお弁当セット。
最高に美味しい。

豚バラ肉とチャムアン葉のスープ。

などなど10種類!

ゲーンパーペーストの作り方の実演もしてくださり、

第1弾
我らのH先生
華麗なるクロックさばき。

第2弾
雨が降り、お姉さんがひたすら叩くのを見守ることに。

オーナーさんと。

午後、ラヨーンならではの、
ドリアンチップス作り方を見学!

大きくて、未熟なモントーン種だけを使い
目にも留まらぬ早さでドリアンを捌く彼。

こんなにたくさん。
少しでも熟してしまったら使えないんだそう。


それを、機械で薄くスライス。

パーム油でからりとから揚げ。
塩使いに目からウロコ。
塩梅がバツグン!


揚げたてのドリアンチップスは、
アーモンドのような濃厚な味わい。最高っ

大量のドリアンチップスをみなさん大人買い。

2日目のプログラムは盛りだくさん!
長すぎるのでここまでっ(≧∇≦)

こちらの記事もご覧になってください。

インスタグラム