SONY DSC

麻布十番でタイイベント

先週は、麻布十番でタイ料理のイベントがありました。

Yum! Yam! SOUL SOUP KITCHEN

日本とタイの地方活性を目指して、日本の農業を支える生産者の方々と
ダイレクトに繋がるイベント。

今回は、宮城県のありが豚という豚肉をはじめ、全国のこだわり野菜を使ってタイ料理。
ドリンクは、お馴染シンハービールと、
南部美人酒造の日本酒と梅酒。

協賛の様々な食材にマッチするタイ料理を考えて出来たのが以下7品!

まずはありが豚のコクと旨みを引き立たせるには
肉の下ごしらえが大事。
ハーブや、辛さなど強い味付けをする場合、
スパイスやソースで下味をつけることによってタイ料理との
バランスがぐんと良くなります。

ブランドネームは、3つのありがとうからありがトンって。
ベタで非常に覚えやすい笑
豚の飼育に拘ったお肉はコクと甘みが強く、生肉の香りさえ甘い。
美味しいお肉をありがとんございます。

ありが豚(黒豚)のチムチュム(東北スタイル鍋)
muu jimjum
スープにたっぷりハーブを加え香りを出し、肉をしゃぶしゃぶ。
全国のたっぷり野菜、生のプルプル国産きくらげなどを
特製のタマリンドソースにつけて。

鶏肉とポメロのタイスタイルサラダ
yamsomo
ポメロの甘酸っぱい風味、
じっくり炒ったココナッツロングとピーナッツの歯ごたえ、
チリインオイルのコクが三味一体となったタイならではの
サラダは、素材一つ一つに時間をかけただけ
美味しくなります。

ありが豚の東北スタイルサラダ
laap
ありが豚の挽肉をさっぱりとしたサラダ仕立てに。
ハーブと米を香ばしく炒って潰した、東北料理マストの調味料
“カオクア“がたっぷりと入った、香り高いサラダ。

屋台の豪華サラダ、ヤムママー。
yammama
今や国民食となったインスタントラーメンをこんな豪華に食べる
タイ、屋台が元気なのがわかります。
ご協賛の全国の野菜、たっぷり使いました。

ありが豚のグリーンカレーソース
sorsgeangkiaw
2キロもの肩ロースブロックを厚く手切りにして
グリルパンで焼き目をつけてステーキに。
もちろんここでもありが豚の美味しさを引き立たせる下味を。
グリーンカレーに少しとろみをつけて
ココナッツミルクでマイルドに。

ぷりぷり海老すり身のパン粉揚げ
thodmankung
半分はすり身、半分は叩いて海老の風味と食感を楽しむために、
海老100パーセントです。
手作りの梅干しソースを添えて。

青森りんごのコンポート ココナッツソルトソース
epunchuam
酸味と甘みのコンポート。
シロップをゆっくりと浸みこませて、塩ベースのココナッツミルクで
バランスを。

当日アシスタントをしてくださったのは、タイに長期在住され、
健幸料理研究所で、タイの野菜を使って料理を作ることを研究されている方々。
タイ料理にも精通されていたので心強く、
私自身も楽しんで料理をすることができました。

主宰の西田さん
デザインの仕事をする傍ら、昔に旅したタイに魅了され、
自身を癒した国に対して何か恩返し、さらにタイに関わりあうために
このプロジェクトを立ち上げた、熱い方。
それを形にする、実行、実現できるからすごい。
熱意は人と物を動かすのね~。
1

私は、
タイ料理で人を動かしたい。
“美味しくて感動した!”って言ってもらえるような
タイ料理を作るために研究中。

ワサナママが常に、
素材を良く見て判断しなさい!って厳しく言うのが今良くわかる。
どうしたらもっと美味しくなるんだろう、
一つの素材をタイ料理に引き立たせるさせるための技を磨きたいな。
(ただいまラムに挑戦中)

ママ早くタイから帰ってきてー