9、10月期レッスンの発表・受付の延期につきまして

すでにご案内をしておりました
「来期9、10月期のレッスン内容の発表の延期」に併せまして、
来週8月1日水曜日を予定しておりました
9、10月期レッスンの受付開始
も延期させていただく運びとなりました。

改めての来期レッスン内容の発表日、および受付開始日につきましては、詳細が決まり次第、当ブログ等にてご案内させていただきます。

また直近のレッスンにつきましては、変更等がございます場合のみ、個別にてご案内させていただいております。

皆様には大変ご迷惑をおかけし申し訳ありません。

ティチャイタイフード 長澤恵

 

9、10月期レッスンの発表の延期につきまして

本日7月27日金曜日に発表を予定しておりました
来期9、10月期のレッスン内容
の発表につきまして、諸事情により延期とさせていただきます。

 

改めてのレッスン内容の発表日程、および8月1日水曜日の受付開始日の延期の有無などの変更点につきましては、詳細が決まり次第改めて当ブログ等にてご案内いたします。

 

皆様には大変ご迷惑をおかけし申し訳ありません。

 

ティチャイタイフード 長澤恵

 

 

バンコクでの新潟米宣伝会

いつもお世話になっている

木徳神糧株式会社

さんからの依頼で、タイでの新潟米PRに協力をさせて頂きました。

その中でのメインイベントとなったのが

7月17日、バンコクのマリオットマーキスクイーンズホテルにて開かれた

レストラン関係者、メディアに向けた《新潟米宣伝会》です。

私は、タイの人にも新潟米に親しんで頂けるようなレシピを作り、発表いたしました。

その名も、鮭のナムプリックおにぎり!

実は新潟県村上市では鮭は“恵の食材”と言われており、頭から尾の先まで食べ方は100種類もあるんですって。

その鮭を使ったナムプリックを作り、おにぎりの具にしました。

イベントでは、なぜ新潟米が美味しいのか、タイで作られた日本米とどう違いがあるのか、のプレゼンテーションに、タイの方々も納得された様子でした。

そして私は、新潟県での取材時にいただいた鮭や新潟米の話、ナムプリックについてお話しいたしました。その後は新潟県の日本酒で乾杯!

試食会では、新潟米を使ったお寿司やカツ丼、和食などのブースが並ぶ中、

私もブースでナムプリックおにぎりをご紹介いたしました。

この装いで握るのは恐縮でしたが、、汗

マリオットのシェフにお手伝いいただきながら300個のおにぎりを皆様にお召し上がりいただきました!

嬉しかったのは、日本人からもタイ人からも美味しいと言っていただけたこと。

炊いたごはんだけのティスティングもありましたが、

新潟米の甘さ、艶、食感、風味。

米どころ新潟県の、美味しい新潟米を楽しまれていた様子でした。

最後に関係者全員で記念撮影。木徳神糧のジョイスさんと。私にとって、非常に勉強となった貴重な経験でした。

新潟県に訪れた様子もまたご紹介したいと思います^^

2018年 北部の旅 26 《完》

本当に最後のお買い物笑

ワロロット市場へ。

ホテルに戻り休憩&パッキング。

その後はデザートタイム。

くわいにタピオカ粉を塗したた ものや、なつめ、蓮の実、ココ椰子の果肉をトッピング。

北部の食文化と自然に触れた5日間。

ティッチャイツアーは、2006年から始まり、北部は6回目。

現地の人が普段から食べている日常食を、現地の人に触れ合いながら料理をご紹介したり、

現地の人に愛されているお店を中心にメニューも、現地の人が食べる日常食を幅広くご紹介するツアーです。

今まで北部、東北部、東部、西部、南部の5か所を巡ってきましたが、来年からは新しい場所を開拓して行きたいと思ってますので、今後ともどうぞよろしくお願いいたします^^

今回の北部ツアー、市場ごはんの旅にご参加頂きました皆様、本当にありがとうございました。

2018年 北部の旅 《完》

感無量、、。

旅の番外編 《動物》

コウモリ寺近くのお粥屋さんの看板娘。ココナッツシュガー工房のインコ達。
ココ椰子の実が巣!アカ族の、ワンコ。舟そば屋の左足療養中のワンコ。アカ族のおばさんの水牛

アカ族の新入り鳥。アカ族の、気まぐれ自由鳥。アカ族の案内犬、ランボー。

間欠泉の甘えん坊ニャンコ。ターおばさんの娘、ガティ(ココナッツミルク)ちゃん。飛び越えてお母さんのとこに行きたいのよう。

北部料理店のワンコ。
2017年北部ツアーに参加された方へご連絡。11月にみんなで抱っこした子犬の、子供ですって!!!早すぎてびっくりする。

タイの動物達は警戒心が少なく、おおらか。

タイの気候と人々の影響なんだろうなあ、、。

旅の番外編《花》

旅で出会った花や果実を♡

ドークダラー。カオヤムなどに入れる、酸味のある食用花。ドークグラダンガー、イランイラン。濃厚な香り。海岸にポツリ咲いてた花木から溢れんばかりの、マファイ。ドークパックプラン、可愛らしいツルムラサキの花マモアンハーンマナーオホー。酸味のある、この時期だけの果実。プットナームブット、甘ーい香りの花。ドークラック。プアンマライ(花輪)に使われる花。

アンチャン。ご存知、タイ料理や飲み物にも幅広く使われる花。左はドークケム。揚げて食べられる。今回ではないけれど、お正月に行った東北で出会った、赤い蓮の海と呼ばれる場所の蓮の花も。

花天国♡

2018年 北部の旅 25

旅の締めくくりのレストランは、やはり師匠の店でしょう!

私が惚れた、ベビー小松菜の和え物。

ヘットープの炒め物、生のたけのこのソムタム。

生たけのこが全くエグさがなく、甘い!

茄子が美味しい農家さんから仕入れてるという、茄子の和え物。繊維やエグみがなく、食感がトロトロ。日曜日だけのメニュー、ナムギョウ。あっさりしながらもコクがあってバランスが、素晴らしい。最後はスタッフも全員で、お疲れ様でした!みんなと、師匠で。

こんなにも北部が好きなのは、きっと師匠がいるから。

飛び込みで修行させてください!

から始まったお付き合いは運命だなあといつも思う。

2018年 北部の旅 24

最終日。

なんと、カオマンガイ屋さんが臨時休業。

朝準備をしている最中に身内に問題があったらしい。(人気店だけに市場内で噂になる)

気を取直し、肉系おかずが充実した白がゆ店に。その後は、JJマーケットへ。

たくさんのオーガニック野菜や製品が売られるマーケット。

またターおばさんに会えた!みんなで少しずつ色々味見。蓮の花のミャンカム、美しい♡ハーブのカオヤムこの後は、最後のお買い物巡り。

セラドン焼きや、雑貨店。

買い物のパワーってすごい。笑

2018年 北部の旅 23

チェンマイ市内に戻り、

スーパーマーケットでお買い物。

その後は休憩して夜ごはん。

いよいよラストナイトは、

やっぱり北部料理でしょう。

こちらの発酵たけのこのナムプリックがほんと好み。豚肉のスパイス煮込み、ムーフムのバランスもたまらない。季節のきのこ、ヘットープのゲーン季節の田蟹の味噌と卵を合わせたプーオン。

じっくり煮込まれたゲーンハンレー。手作りネームと空芯菜のゲーン鶏肉とスパイス、ハーブの和え物、ヤムチンガイ。

北部料理を作る事に魂を注いでいる、というおばあちゃん。

美味しい北部料理を食べていれば、私のようにいつも若々しくいられるのよ、と話してくれた。

説得力あるおばあちゃんの写真がないのが残念(汗)

2018年 北部の旅 22

ターおばさんお手製の、ランチタイム!

ハーブとお花のサラダ。カシューナッツのナムプリックとお庭の野菜

アボカドとパッションフルーツのサラダベジナマズのシューシー。野菜たっぷりのゲーンリアン。バナナ揚げタロイモとココナッツミルクのデザート庭で採れたパイナップルとマンゴー

全て美しく、美味しく、身体が洗われるような食事。

そして、自給自足の生活と、野菜に囲まれた料理教室。

私にはきっと難しいけれど、究極の理想の生活。素敵な時間をありがとうございます