再び師匠の店

お昼はナムギョウ。やはりチェンマイでナムギョウならば師匠の店へ。

こんなに綺麗に準備してくれました。初日に食べなかったお料理も。芋がらと雷魚のスープ。シアンダー菜と卵の炒めこれだけは2回目も外せないの!小松菜の和え物

ここで皆様の挨拶。最後に1番印象に残った美味しかった料理をお聞きしています。

やはり多かったのは、ターおばさんの料理や、師匠の店、サテなど。うちは、スタッフにも答えて頂いてます笑

ガイドさんも初めてのお店が多かったらしく、海老のスープが好きだったそう。笑皆さんのツアーの感想は、私の次のツアーの為に大変勉強になります。

この後は、パッキングと休憩の為ホテルへ戻ります。

JJマーケット

いよいよ最終日。

朝ごはんは、カオマンガイ。

鶏肉はガイトーン(去勢鶏)を使い、柔らかくも、ムチムチの食感。ごはんの粒も美しい。

その後は、オーガニック ファーマーズマーケットとして、知られるJJマーケット。

毎週日曜日に開催され、特に第1、第3土曜日は食べ物コーナーも充実。

さあ、 片っ端から味見しましょう!

ライスベリーのカノムクロック田蟹味噌、プーオーン。 ケープムータイティークリームパンタイの落雁、サンパンニー。トゥアナオの包み蒸しココナッツシフォンケーキ

そして、メインはオーガニック野菜!チェンマイでは、このような市場があちこちにあり野菜が充実しています。

オーガニックに力を注いでいる生産者が多く、消費者も選択肢が多いのです。

また、生産者と消費者が近い位置にあることも、チェンマイの野菜が美味しい理由なのでしょうね。

北部家庭料理

住宅街に佇む、家族経営の家庭料理。 

ネームと卵の包み蒸しツルムラサキの花とネームのスープ鶏肉のスパイススープスペアリブのコリアンダーシード揚げ生まれて2ヶ月のワンコがキュートすぎる!もう、ラストナイト。旅の思い出を語りつつ、ゆったりした時間でした。

ハーバルボール&ヤードムレッスン

チェンマイ郊外のメーリムへ。

マッサージ用の、ハーバルボール作成レッスン。

ハーブを十数種入れて布で包みます。

日持ちする、乾燥ハーブを。なかなか丸くするのが難しい、、。紐をぐるぐる巻きにして、完成ー!

蒸したハーバルボールを身体に当ててマッサージすると気持ちいい、、ちょっと一休み。

ミャンカムと、野菜だけの生春巻きを。お次は、タイガーズーに行きたい人と分かれて、ヤードム(嗅ぎ薬)作りを。

リラックスしたい時、車酔いした時、気分が優れない時などに嗅ぐとスッキリ。

その、伝統的な作り方を習います。

2弾の方の為に詳細は来週。私は、この子に夢中〜〜♡♡♡ できたよー(≧∇≦)

市場でお買い物

朝から市場巡り。

モン族市場 

モン族が作ったポーチやアクセサリー、布が大量に売られている市場。

ワロロット市場。サイウアや揚げ豚肉、北部名物がたくさん。

トンラムヤイ市場。

陶器やホーロー、キッチン用品がたくさん。教室の食器を買い過ぎて夢中になり、画像なし。汗

お昼ごはんは、白粥と中華系おかず。

時間が遅くなり、白粥は売り切れてしまい白ごはんでしたが、味の濃いおかずに合う合う!

肉祭り

ベジ料理を食べて身体が変わった!と言ったばかりからの肉祭り。汗

夕食は、中部料理を。

こちらのスペシャリテは、なんと言ってもスペアリブ煮込み! 肉の味付けが絶妙でわざわざ遠くからこの料理を食べに来る人も多い店。

ああ、やっぱり肉はうまい!笑

そして続く朝ごはんも肉!ひたすらサテだけを食べ続ける。ノルマは1人20本!ほとんどの方がクリア。このサテを食べると、料理を作る側として、色々考えさせられるのです。

バランスが如何に大事なのだなあと。サテを美味しくずっと食べ続けさせるポイントが一口ごとにあって。
お次は別腹ガイヤーン笑

皮パリパリガイヤーン。タイに来るとこういうガイヤーンに出会えます。一羽炭火で丸焼きにして、味付けは非常にシンプル。

サテの後なんて食べれない!と誰が言ったんでしょう、ペロリと完食笑 

ガイヤーンのお供、もち米付き。肉祭りの朝ごはん、サイコー♡

ターおばさんのベジ料理教室(後編)

お昼ごはんを食べた後は、次のメニュー

カノムチーンナムギョウ(トマトそうめん)

手作りペーストを炒めて

本来は、豚出汁でミンチ肉がたっぷり入りますが、大豆肉の臭みを抜いて作ります。

煮込んでる間は、お庭をお散歩

途中、バナナを干してあったり、野草を味見したり、香りを楽しんだり。帰ってきてからナムギョウの試食。お腹いっぱいすぎて一口味見ねってみんなで話していたら普通に完食。笑

あっさり、トマトの酸味が効いていておいしい♡

デザートは、サリム(緑豆麺)

ゆっくりした時間と贅沢な自然で癒されました。


帰りも川渡り笑

ターおばさんのワンコ、ガティちゃん(ココナッツミルクちゃん)も可愛いかったー♡

ターおばさんのベジ料理教室(前編)

偶然、市場でターおばさんと知り合って感激してから 

料理教室の実現に向けて連絡を取り合ってきた、チェンマイツアーのハイライト、ターおばさんの料理教室。

チェンマイから車で1時間ほどの郊外へ。

素晴らしい自然の中にお家があるのですが、途中ワゴン車では傾斜がキツくて上れず、、

山道はターおばさんの車で自ら迎えにきてくれました!

小川を渡り!

ステキ、、広大な敷地の中にオーガニック野菜を育てながら料理教室をしているなんて夢のようなお話。

到着すると、庭でとれた生カチアプ(ローゼル)のウェルカムドリンク。

まずは作り方や材料の口頭説明。

その後、実習。タイの伝統的なキッチン、気分が盛り上がる(≧∇≦)

できたー♡

まずは、レッスンのベジカオソーイと、ターおばさんお手製のベジおかず数種でお昼ごはん!

カオソーイ。様々なきのこのトムヤム。 ベジなまずのレッドカレーペースト炒めカシューナッツのナムプリックベジなまずとサダオのヤムみんなでびっくり、なまずそのもの、、。 美味しすぎる!こんなにおいしいベジならベジタリアンになってもいい!

(ってその時は思った)

実はツアーの前にターおばさんの家に泊りがけで個人レッスンを受け、たくさんのタイベジ料理に出会いました。

数日なのに体の様子に変化があったこと、

ベジ料理の概念が見事に覆されたこと、

作り方に目から鱗がボロボロ落ちたこと、

その想いをティッチャイでもお伝えできるように頑張ります!

後編に続く

朝カレー。

中部のゲーン中心のカオゲーン屋さん(お惣菜屋)で、牛肉パネーンやイエローカレー、なまず揚げがオススメの店。

注文しているうち、気付いたら全種類のゲーン。こういうとき大勢が嬉しい、全種類を少しずつ。そして、この店はごはんの炊き方が美しい。 

ごはんがおいしい店はおかずもおいしい説は絶対!

バーンホー市場

金曜日の朝だけ開かれる、雲南の中国系ムスリムの市場。

納豆のナムプリックがすごくおいしくて!

カーとレモングラスが入ってるんですって!日本の納豆でも作ったらおいしいだろうなーメモ、メモ!えんどう豆、またはピーナッツや米などから作られる、カオレムフーン。

タイでは、チェンライ、メーサイ郡の名物です。

うちは中国式よ!と謳っていた、えんどう豆のカオレムフーン。

温めて麺の上にかけたもの

冷めて固まったものをヤムにしたもの

黒米のお餅。

甘いえごまソースをたっぷり塗ってもらって。

保存食の干し肉や

ダイナミックに子ヤギが売られていたり。

やっぱり市場は楽しい♡