<お知らせ>ツアー延泊に際しての注意点

先日、
“Mayがご案内するタイ北部、食と癒しの旅~チェンライ・チェンマイ~
のご案内をさせていただきましたが、今日は延泊に際してのご連絡です。

今回のツアーでは、5日間の延泊が可能ですが
ローイクラトン時期のために飛行機、ホテル共に大変混みあっており、
飛行機に関しましては、既に前後5日間キャンセル待ちの状態となっております。

延泊をご希望される方は、ご希望の日程での予約がお取りできないこともございますので
予めご了承ください。
また、その場合はお早めにご連絡をいただけると幸いです。

どうぞよろしくお願いいたします。

ティッチャイタイフード
長澤 恵

Mayがご案内するタイ北部、食と癒しの旅~チェンライ・チェンマイ~のご案内

6月のツアー報告が終わったばかりですが、
次回、11月に催行するツアーのご案内です!

“Mayがご案内するタイ北部、食と癒しの旅~チェンライ・チェンマイ~

<日程>
2011年11月8日~11月12日 (7日深夜羽田出発、13日早朝羽田到着)

陰暦の12月、満月の夜に行われるタイの行事ローイクラトン祭りが盛大に行われる
チェンマイが今回の旅先。
そこから足を延ばしたチェンライと2都市の北部ツアー。

ローイクラトン祭りでは、幻想的な灯篭流しを体験し、
khomloi
数々のマーケットではおすすめ食材や調理器具をご紹介し、
talat
雑貨天国チェンマイのセンス溢れるオリエンタルモダンなショッピングをお楽しみいただきます。

トイ姉さんの自宅で習う北部料理教室、
ahaannwa

セラドン焼き工場、絶景のアカデミーでハーブ製品の手作り教室
、数々のアクティビティ。
jirung

そして、国境の町メーサイ、チェンライ、チェンマイの北部の郷土料理。
盛り沢山の食と癒しのタイへ皆様をご案内いたします。
khaosoi

詳細のお問い合わせは
こちらよりご連絡をお待ちしております!
ご案内状をお送りさせていただきます。

既にご予約受付が始まり、混み合ってまいりました。
ご検討いただいてる方は早めにご連絡いただけると幸いです。

【mayがご案内する東部の旅】5日目~最終回~

【mayがご案内する東部の旅】5日目~最終回~

*バンコクで人気のジョーク屋さんへ
*お花に囲まれ幸せ気分。
*しっとり、ぱりぱりガイヤーンのイサーン料理
*5日間の疲れを癒す極楽スパ
*中部料理の晩ごはん
*楽しい旅の終わり

おはようございまーすっ!

お買い物の足りない方、
お疲れの方・・と最終日なので自由参加にした朝ごはんですが、
集合場所に集まったのは2人(笑)

向かったのは、まずは朝ごはんっー
*バンコクで人気のジョーク屋さんへ
jork muu
ジョークは、鶏がらや豚骨と一緒に米が崩れるまで煮て、
沢山のトッピングをする所謂、香港粥。
豚肉の内臓類、ピータン、肉団子がたっぷりと入った
栄養たっぷりのお粥に、
ピーティー(ガイドさん)が隣で買ってくれた
パートンコー(揚げパン)と一緒に食べれば朝から幸せ♪♪
nairaan

お店の写真を撮っていたら、お店の人が“お店の人ごっこしながら写真撮ればー?”と
ジョークを作ってるフリをさせてくれました(笑)
「らっしゃいっ~!」
raiaan2

この後は、お花市場へ。
*お花に囲まれ幸せ気分。

深夜がメインの市場ですが、朝も沢山の花が売られていて
女性なら見ているだけで幸せになれる市場です。
美しい花達をどうぞお楽しみあれ♪
dokmai5
dokmai1
dokmai2
dokmai7
dokmai3
dokmai4
dokmai6

この後は、タイスイーツの実演販売をしているデパートへ。
(写真禁止のため画像なし。おまけに何を食べたか記憶もなし。汗)

そして、お腹を空かせた?皆さんへのお土産にイスラム式のお店で
牛肉のサテと、マタバを買ってから皆さんをお迎えに。
mataba

*しっとり、ぱりぱり炭火で焼くガイヤーン(鶏のグリル)が美味しいイサーン料理
1時には売切れてしまう大人気のガイヤーン。
ぱりっぱりで中はしっとり。
gaiyang
日本人のグループだからと気を使ってくれてスイートチリソースを。
私が言おうと思ったその時
「ちょっと!ナムチムジェオください!(イサーンスタイルのソース)」
みんな、さすがだわ。
田舎スタイルのガイヤーンには、やっぱり田舎スタイルのソースが
良く合うのです。
他に名物豚のラープ(東北の挽肉サラダ)
laapmuu
や、トムセップナムコン(東北スープこってりバージョン)
tomseap
ソムタム(青パパイアのサラダ)、
コームーヤーン(トントロ焼き)
somtamkapkhoomuu
など沢山のイサーン料理を。
raanisarn

*5日間の疲れを癒す極楽スパ
スクムヴィットに佇む一軒家のスパへ。
spa

皆さんがが極楽気分の時・・
nairaanspa
私は1人メールサーバーの不具合の対応に追われ、サーバーのバカバカー!と
叫んでおりました。

*中部料理の晩ごはん
早いものでこの後は最後の夜ご飯、
バンコク市内で中部料理を。

グリーンカレーや蟹の身のナムプリック(ディップ)
geangphed
あひるのレッドカレー、牛肉と茄子のサラダ、スズキのスパイシーあんかけなど・・
10種類以上。
plaanwa

少し慌しかった夕食でしたね。
raanrotsabian

思い出をいろいろと振り返りあっという間にタイムリミットが。
車に急いで乗り込み空港へ。
(やっぱり最後は余裕がなく写真がない・・・)

慌てて空港へ向かったものの、
今までと違う風景がありました。
それは・・・

全日空アジア線の荷物制限が、20キロから46キロへ変更になったので
荷物整理の時間がなくなったからでーす(笑)

買い込んだ沢山の食材やお土産で、殆どの人がオーバーするため
どうやったら超過料金を払わずに荷物を整理できるか(笑)
でいつもはバッタバタのチェックインですが、今回はすんなりすぎて
逆に呆気ないくらい。

*楽しい旅の終わり
すぐに日本で会えるのに、楽しい時間だったからこそ寂しくなっちゃう。

何事もなく無事に皆さんをお見送りできたこと、
旅を盛り上げてくれた皆様に本当に本当に感謝です。
今思い出してもジーンと来るお見送り。
“mayがご案内する東部の旅”にご参加をいただきました皆様
本当にありがとうございました!

次回は、mayの修行編と、mayがご案内する次回の旅のご案内をお送りしまーす。
(旅の日記久しぶりに最終回!
前前回、前回の旅を見た下さった方ごめんなさい・・)

【mayがご案内する東部の旅】4日目~バンコク後編~

<4日目>後編
*おばあちゃんの家で習う美味し過ぎるグリーンカレー!
*バンコクで大好きなタイスイーツ屋さんへ!
*元祖、タイスキ。
*バンコクラストナイト。

*おばあちゃんの家で習う美味し過ぎるグリーンカレー!
トンローに住む私の先生、92歳のおばあちゃんです。

おばあちゃんの作るグリーンカレーは未だに私の中のグリーンカレーナンバーワン。
一切の甘みを加えずに、ココナッツミルクの自然の甘さだけ。
khangati

グリーンカレーの仕上げに、通常はバイホラパー(スイートバジル)を加えますが
こちらのレシピはな、な、なんとバイカパオ(ホーリーバジル)!
geangkiaw

そして、私の大好きなカイパロー(豚と卵の煮込み)も
用意してくれました。
palo
おばあちゃんのカイパローは、伝統的なタイスタイル。
中国スパイスを使わず調味料は、ナムプラーとココナッツシュガーだけで作ります。
こちらのレシピはレッスンでも大好評っ!
(今年は少し寒くなった頃に登場しまーすと、宣伝を)
khun pa
(昔からのお手伝いさんが教えてくれました。
おばあちゃんは足の調子が悪く、直接キッチンには立たなかったものの、
味見をして「これとこれを足して!これは入れたのか!?」とちゃきちゃき指摘。
まさに生粋のバンコクっ子。(そのままだわ)

もう食べられない、と思っていたのに、
余りの美味しさにやっぱりご飯とカノムチーン(米麺)をお代わり。

ツアー数ヶ月前、おばあちゃんにツアーの時にお料理を教えてほしいんだけど・・
とお願いしたら、快くいつでも来なさい!!
いつ来るの?次はいつ来るの?といつもいつも優しいおばあちゃんに感謝。
khun yaa

・・ところでどちらのおばあちゃんなのって?

それは・・
私の友人のお母さんの従姉妹のご主人のお母さん。遠いっ!笑
だからこそ、タイは微笑みの国。誰にだって優しい。

さてと、スイーツを食べる前に
さすがにカロリー消費しましょう!(と言うより、お腹の隙間を作るため)

トンブリー地区に移動。
このエリアは、専門屋台や専門タイ料理が美味しく、遠いけれどつい通っちゃう。
老舗のロビンソンや、スーパーをぶらぶら。

ようやくお腹の隙間ができた頃に
タプティムクローブ(ルビーのデザート)。
*バンコクで大好きなタイスイーツ屋さんへ!
raan khanom

くわいに色づけした後、タピオカ粉を纏わせて茹でたものを
蜜蝋で燻したココナッツミルクと共にいただくデザート。
taptimkrob
ぷるぷるとしゃきしゃきの食感、ココナッツミルクの甘さ、香り。
どれを取ってもパーフェクト。
(来月“人気のタイ料理”のメニューですよー、と抜かりなく)

そして、この後の夜ご飯は(早っ)
*元祖、タイスキ。
ローカルなタイスキのお店で雑誌でも紹介される人気店です。
suki1

タイスキのソースのベースは主に2種類あります。
マイルドなチリソースベースと
元祖のトーフージー(腐乳)ベース。
namjimsuki
私の好みは断然後者ですが、腐乳の好き嫌いが分かれるところ。
(去年初めてレッスンしたところ、チリベースよりも
人気でびっくり!今年の冬をお楽しみに♪)
ホイチョー(豚肉の湯葉巻き)や、おじぎ草炒めなど
ほぼ拷問状態でもみんな食べてくれるから嬉しい。笑
hoijoo
kinsuki

この後はホテルに戻り解散!
ですが、バンコク最後の夜をみんなで楽しみましょうと
タイが初めての方も多かったので、64階の屋上にあるレストラン&バー、
siroccoへ。

いつ見ても素敵な夜景。
sirocco2

旅を振り返り・・

はやっ!

楽しいひとときは一瞬。
楽しさに比例して時間が早く感じる。
みなさんにもそう感じてもらえればいいな・・・と思いながら
夜景を見つめていました。

そしてホテルに戻ったのは深夜。

明日はいよいよラストです!

刺激的な1日。

先日ブログでもお知らせしたおおのきよみさんの個展
に行ってきました。
いつもながらに癒されるきよみさんの絵、
お花で溢れた会場もすべて素敵。
でもこの日、何が1番感動したか、それは

きよみさん、本人に。

自信と幸せに満ち溢れていて、きらっきら。
kiyomisan
またきよみさんの表情を見に来年も個展に行きたい!と強く思って
会場を後にしました(怪しいな・・)

その足で向かったのは、
去年自由が丘に場所を移転された、
ベトナム料理研究家の伊藤忍さんのお教室へ。
オープン後、やっとこの機会に恵まれて、プライベートディナー会です。

去年、くさくさ会~ベトナム&タイ料理~に続き2回目の開催。

今回のテーマは・・特になかったかな笑
そうそう、忍さんはお魚、私はお肉担当でした笑

今日いただいた忍さんのお料理は、
どれも食べたことのないベトナム料理ばかり!
忍さんのブログから引用です)

肉やレバーなどを練って蒸したCha dum
通称、バクダン!
ふっくら、ジューシー蒸しあがったレバーのやわらかさと、
さくさくの海老せんと一緒に食べれば、まさにおいしさのバクダンッ!
gohan2

ライスペーパーで巻いて食べる中部風の鯵の蒸しものCa nuc hap cuon banh trang
蒸した鯵の上にトマト風味の挽肉餡が乗って、これだけでもおいしそうなのに、
カリカリに焼いたごま風味のライスペーパーと
生の空芯菜と共にライスペーパーで巻き、ソースにつけて食べるんです!
これは感動。
何層もの味と食感が交互にやってきて、楽しい!
具材を多く巻けばそれだけ美味しいけれど、すぐに食べ終わってしまうので、
何回に分けて食べるか本気で悩んだくらい(笑)
gohan3

お食事の〆にはゴーヤと魚団子の鍋Lau kho qua ca tac lac
あっさりとしたスープの中に、ディルの風味がふわりと香る魚団子、
大胆に輪切りで入ったゴーヤがアクセントになり、そこに
ブンを加えて食べる、ベトナム料理の深さに終始感動しっぱなしでした。
gohan4

タイ料理は、
豚肉の発酵ソーセージ、ネームと薬味。
gohan5

手作りネームで作ったハーブサラダ。
gohan7

スパイスと調味料で浸けた丸鶏のガイヤーン。
gohan8

内臓がたっぷりと入った、鶏とミントのサラダ、ラープ。
gohan6
それに、もち米を蒸かして、東北料理をご紹介しました!

gohan1

集まったメンバーは食に対する興味と知識が非常に豊富な方ばかり。
それぞれの道で活躍されている素敵な方々と一緒に過ごす時間は
良い刺激となって、
パワーをフル充電!
この日お付き合いいただきました皆様、ありがとうございました!

忍さんの丁重な下ごしらえの姿を見つめるmay
shinobusan

9月のレッスン内容のご案内

遅くなりましたが昨日
9月の予定を配信いたしました

先月、数名の方からメールが届かなかったと
ご連絡をいただきました、
メールの不具合で申し訳ありません。

恐れ入りますが、今月もお知らせが届いていない方は
ご連絡いただけると助かります。
(少しメールの設定を変えてみたのですがどうでしょう・・)

9月は5つのコースをご用意しております!

【mayのタイ料理】は新レシピ、タイスタイルの叉焼をご紹介!
手作りの叉焼を作り、バリエーションをご紹介。
カーオムーデーン(屋台スタイル叉焼ごはん)タレが決め手!
バミーヘーンムーデーン(汁なし中華麺叉焼のせ)ランチに最適なクイックメニュー。
両方炭水化物・・笑
おうちで作りやすいようにご紹介します♪

【季節のタイ料理】は、4種類のソースをご紹介いたします。
魚介用ソース、肉用ソース、バーベキューソース(パイナップルソース)
スイートチリソースの4種類をご紹介します~
どのソースもおうちで本格的に、しかも簡単にタイ料理が再現できちゃう
便利なソースばかりです。
特に魚介ソースは、これから旬の秋刀魚のグリルや、
新鮮な生牡蠣にもぴったりっ!
お見逃しなく!

【人気のタイ料理】は、プライベートダイニングでいつも
大好評の魚のふわふわバナナ葉蒸し、ホーモックです。
簡単にレッドカレーペーストで代用して生地を作って
バナナ葉で作った容器に入れて蒸す、おもてなしにもぴったりの一品。
そして、先月発売の料理通信でご紹介をさせていただいた
鶏手羽先のトムヤムです!
もう一品、ルビーに見立てタイスイーツは、
現地スタイルで、ココナッツミルクに蝋燭の煙で燻して香り付けをします。

【スペシャル】は、タイ料理店のシェフをお招きして
タイ人ならではの調理法をレッスンしていただきます。
メニューは、

☆手作りペースト!たけのこ漬けのレッドカレー<ゲーンペッノーマーイドーン>
酸味のあるたけのこ漬を使った深みのある味わいと、手作りペーストの
フレッシュな風味。
素材の扱い方を教えていただきます。

☆トムヤムクンのスナック<トムヤムクンクローブ>
トムヤムクンの材料を揚げて、ソースで絡めたビールに
ぴったりのおつまみスナック。
カリカリのコツを教えていただきます。

☆ココナッツミルクの2層スイーツ<タッコーヘーウ>
カリカリのくわいをプルンとした生地で包み、塩気のあるココナッツミルクを乗せた
タイスイーツをご紹介いただきます。

【ベトナム料理平日レッスン】
御馴染み、津野麻里講師の平日限定レッスンです。
9月は、パーティーにぴったり!
巻きながら楽しく食べる、野菜とハーブたっぷりのベトナム料理をご紹介いただきます。

◆フエ風・網状ライスペーパーの揚げ春巻き ~野菜包み~
~サクサクに仕上がる、網状のライスペーパーを使ったフエの宮廷料理。
たっぷり野菜&ハーブで包んでいただきます。~

◆蒸しフランスパンの野菜包み
~ホーチミンの天秤で売りに来るローカルフードをおもてなし風に!
薄切りにしたフランスパンに具をのせて蒸し、柔らかくして野菜に包んでいただきます。~

◆米麺
◆グラスワイン

詳細は、ティッチャイタイフードのHPまで。

明日、8月16日午前10時より受付を開始いたします。

9月も美味しく楽しく、コツが満載のお料理をお届けします。
是非ともご家族、ご友人をお誘い合わせの上
TitCaiThaifood(ティッチャイタイフード)にどうぞお越しくださいませ(^人^)

画像は昨日のレッスン、豚肉のサテ。
現地の屋台の味がする!と大好評でした
今週末、土曜日のディナークラスにまだ空きがありますので
是非ご検討ください~
muu sate

【mayがご案内する東部の旅】4日目~バンコク前編~

朝早くパタヤの町を離れバンコクへ!
バンコクへ着いたのは8時過ぎ。
まずは朝ごはんでしょう♪

舟そばの老舗へ。
店の中に舟があり、そこに入っておばちゃんが
作ってくれます。
raang.rwa
こちらで、1人3杯!
とは言っても、日本のラーメンに比べれば1/4程度の量。
g.rwa
こんなに小さいな1杯でも、
麺、具材、スープ、汁あり、なし・・
など、お好みで選べるのが良いところ。

今日は日曜日、チャトゥチャックウィークエンドマーケット開催!
(このために早起きしたんです♪)
迷路のように入り組み、暑い
チャトゥチャックを快適に廻るには2つの掟があります。

1、朝早く行くべし!!

お昼過ぎに行くものなら、
暑さ&混雑で体力がみるみると奪われ、物欲がなくなります。(そこ?)
日本へ帰ってからなぜあそこで諦めたのだろう!!
と後悔の念。
(この気持ち、暑さの中チャトゥチャックを歩いたことのある
女子には共感してもらえる笑)
jj2
<画像は昼過ぎのマーケット内)

2、気に入った品はその場で買うべし!!

他にまだ可愛いのあるかしら、あっちの店のほうが安いかな、と他のセクションに行くと・・
同じ店に辿り着けません!(笑)
店を探す間に体力が奪われ、暑さと混雑にイライラします(短気)
また、同じ品でもチャトゥチャックはバンコク市内に比べて安いので
気に入ったら無理な交渉や、安いところを探さずその場で買うのがおすすめ。

2つの掟を踏まえて楽しいショッピングの開始です~♪
jj

・・・3時間後

足りないーっ ブーッ

掟を守って快適に廻りましたから、3時間どころでは足りません笑

でも、ごめんなさい。
この後も予定がぎっしりなので
心を鬼にして出発です。
お昼ご飯を食べに行かなくてはならないのです!(第一は食)

バンコクで一押しの南タイ料理店に。

私の大好きなメニュー
ゲーンプリックシークローンムー(スペアリブの胡椒カレー)
geangsekongmuu
唐辛子と胡椒の辛さ、香り、しょっぱさのバランスが絶妙!
このカレーはさらさらよりも、水分少なめが美味しい。

ゲーンソムプラーヨートマプラーオ(魚とココナッツの若芽の酸っぱいカレー)
geangrwang
乾燥唐辛子、ターメリックのペーストに負けないくらいの酸味が効いた
南部料理。コクが加わって私の大好きな味。ココナッツの若芽の食感も美味しい。

クアクリンムー(豚肉の辛いターメリック炒め)
kuakling
たっぷり唐辛子、胡椒、ターメリックを潰したペーストで
豚肉を炒めた南部のお料理。
上に乗ったレモングラスや生の胡椒がアクセントになって美味しい。
やっぱり南部料理はガツンと感じるこの辛さ、そして辛さを支える
強い風味が美味しいバランス。
南部料理に添えられるたっぷりの生野菜が辛さを和らげてくれます。

他にも、南部のカノムチーンナムヤー(ハーブソースかけそうめんや
魚のターメリック揚げ・・・などいろんな種類を。

この後はタイ料理教室に向かいます!
私が習った92歳のおばあちゃん秘伝の絶品グリーンカレー。
そしてまた食べる笑

この続きは後編で♪

たびたびガパオ追加レッスンのお知らせ!

先月のレッスン、
“人気のタイ料理”

*パッカパオラートカーオ(豚肉のガパオご飯)
*トムカーガイ(鶏肉のココナッツスープ)
*ナームタオフーソンクルアン(冷たい豆乳のデザート)

追加レッスンを8月31日に設けましたが
おかげ様で、こちらもキャンセル待ちの方が多くなりましたので、
8月28日(日)11時~  17時~
を新たに設定いたしました。

ガパオ(ホーリーバジル)はたっぷりと。
bai kaprao

ガパオ以外に本格的な味に仕上げるために
様々なポイントが。

その他、
揚げ卵の美味しい作り方、
プリックナムプラー(食卓調味料)の美味しい作り方も合わせて
ご紹介します。
phadkapraomuu

鶏のココナッツスープは、
ココナッツミルクのまろやかさ、酸味のバランスが大事。
(私のスタイルは少しチャオバーン寄りのメリハリタイプ)
tom khakai

豆乳に加えるトッピングは、現地では
はと麦、大きなタピオカ、レンコンを煮たもの・・などトッピングしますが、
(こちらも冬にご紹介します~)
今回は涼しげな夏バージョンで冷たく冷やしていただきます、
今の時期にもぴったり!(画像は豆乳を加える前)
namtaofusongkrwang

以上の3品。

タイ食材店では、冬の間もガパオを買うことができますが
圧倒的に入荷が少なく、レッスンではヒヤヒヤすることもしばしば。
今の夏の時期は、
大量にガパオの入荷があるのでご紹介をするのも、
ご自宅で作るのも今の時期にお勧めします!

この機会に、現地スタイルのガパオご飯を習ってみたい方
是非是非お越しくださいませ!
沢山のご参加お待ちしております(^人^)

~現在の空き状況~

=8月31日(水)= 
ブランチ(11時~)満席 
ディナー(19時~)満席

新たな追加クラス
=8月28日(日)= 
ブランチ(11時~)残り3席  
ディナー 本日より募集開始です!

【mayがご案内する東部の旅】3日目~ラヨーン後編~

<3日目>後編
*スパットラーランドでフルーツ三昧!
*海産物のお買い物はここで買うべし。
*海の家で味わう絶品シーフード!

激ウマ森のタイ料理を満喫した後は
ビタミンCを補給することに。
(要するにまた食べる)

*+スパットラーランドでフルーツ三昧!**
この時期ラヨーンに来たら外せない
スパットラーフルーツ園
(フォトギャラリーをリンクしてみました)

800ライ(1ライ=1600㎡)の敷地に約25種類のタイフルーツが
栽培されています。
雨季のこの時期、旬を迎えたフルーツはどの木を見ても枝が垂れ下がるほどに
鈴なり状態。

専用のカートで説明を聞きながら農園を1周することができます。

こーんな状態。(見えにくいけれどびっしりランブータンが生ってます)
tonngo
そこに怪獣ランブータン。
(おばけみたいなビジュアル、なぜこれを作ったのかと頭の中がいっぱいになる)
ngopenpee

しばらく行った第1ポイントに
フルーツの食べ放題が~!!

ドリアン。ラヨーンはモントーンの産地。
turian2
タイ人は少し固めを好みます。
外国人にはトロ~りとまるでカスタードクリームのような
濃厚さと甘さが好まれるよう。
フレッシュで、本当に美味しい。。
turian1
他にも、熟した甘ーいマンゴー、マンゴスチン、パパイア、
パッションフルーツ、ドラゴンフルーツ、パイナップル・・・
kinmamuan
mamuang

も、もう食べれない・・
たっぷり食べてお肌がピッチピチに♪
(と、言い聞かせてみる)

様々なフルーツ達を巡り(画像はサラ)
tonsara

迎えた第2ポイントはソムタムの食べ放題(笑)
すべて園内で栽培された有機野菜です。
somtam
自分の好みの味でソムタムタイを作ってもらえます。
とことん食べてお腹一杯なのにこれがめちゃくちゃ美味しいっ!
この他、レタスやベリーリーフなどのサラダも食べ放題。
だったのですが、ここはみんなで一皿。
kinsomtam

最後のポイントははちみつ。
園内で採れたはちみつの試食。
nampurn
本物のはちみつは、水を垂らして揺すると蜂の巣の模様に変化するのさ!
と感動していたところ
説明してくれたお兄さんの瞼が膨れ上がっていたのが非常に痛々しいことに気づく。
(なぜ刺されたのか聞いているうちにはちみつを買い忘れる)

再びカートに乗り、最後にココナッツシェイクを飲んで終了!

次は買い物タイム!
**海産物のお買い物はここで買うべし。**
このエリアは海沿いの市場で、美味しい干し海老、カピ、たっくさんの海産物を買い込み
大満足!!
sww khong

ラヨーンの特産品、熟していないドリアンをスライスして乾燥させたドリアンチップスや
ドリアン羊羹、貝殻で作ったアクセサリーやカトラリー、
こんな買い物をしている途中、こんなに美しい虹が。
saairung
虹を見たのは久しぶり。
きっと、日本ではあまり空を見ていないからかな・・

日も暮れ始め、向かったのは夜ご飯!(まだ2時間も経っていない)
**海の家で味わう絶品シーフード!**

こちらもラヨーンへ来たら外せないシーフード。
アウトドアチックなお店ですが
味は保証します!
raannrayong2
ちょうど夕暮れ時、周りは静かで聞こえるのは波の音だけ。

ここは全部お勧めと言ってもいいくらいに美味しいお店ですが
特に美味しかったのが

ホイシェルオップヌーイ(帆立のガーリックバター焼き)
味の濃い帆立とパクチーが効いたソースがマッチ。
hoishel

プラーシーフード(シーフードとレモングラスのサラダ)
レモングラスとミントの風味が濃く、少し甘めのソースが良く合う。
plaatale

プラートードラートナムプラー(魚の姿揚げ)
周りはかりかり、中はふわふわ。
本当に美味しい。
plaathod

クンオップウンセン(海老と春雨の鍋蒸し)
ソースの味が美味しい。ここのシーフードソースも絶品。
少しかけて食べるのが美味しい。
kungobunsen

トムヤムクン(海老のスパイシースープ)
甘みを加えない、レモンをたっぷりと加えたナムサイ。
トムヤムクンは、こういうチャオバーンスタイル(庶民のスタイル)が好み。
tomyamkung

プータレーヌン(蒸し蟹)とナムチムタレー(シーフードソース)
身がぎっしり、甘い。
puunung
無言で食べ続ける。
全12種類。
ピーティー(ガイドさん)はとっても面倒見のよい素晴らしいガイドさんで
前回に続き、今回は指名です(笑)
kinyaileay

波の音を聞きながらみんなでお話をしていたら
暗闇の中から・・・

小象の登場ーー
changmaahaarao
これにはみんな大感動!!

タイでは象さんが食事中に訪ねてくることも多いのですが
この雰囲気の中で会えるのは本当にラッキー。

さとうきびを買ってあげると、
コップンカーと

キュンッ
lenkapchang
ってポーズをとって鳴くんです。
みんなでたっぷり遊んだ後、
象使いのお兄ちゃんと共にまた暗闇の中に歩いていきました。

mayもはしゃぎまくり。
may

ホテルに戻ったのは深夜。
あー、よく食べた(笑)

明日はバンコクへ。

買い物を満喫します~