スペシャルレッスン~初夏のスタイリッシュタイ料理~

ティッチャイタイフードでは、通常レッスンに加えて
随時スペシャルな企画をお届けしています!

第1回のスペシャル企画は、
シェラトントグランデスクムヴィット出身の、パカマス・タンシリピンヨーさん、
通称トゥンシェフによる
タイワインと楽しむ初夏のスタイリッシュタイ料理
を開催しました。

早速内容をご紹介します!

今回のレッスン形式は、デモンストレーション後、
コースでワインと合わせて召し上がっていただく
レストランスタイルでした。

テーブルコーディネートは、初夏のリゾート。
(一応ホアヒンの気分)
3

朝の部はサッパロッパン(パイナップルシェイク)
夜の部はソムパン(オレンジシェイク)
のウェルカムドリンクで皆様をお迎えしました。
2

早速、講師の自己紹介から始まり、
16
今日のお料理4品のデモンストレーションです。

<前菜>お米を包んだアペタイザー 赤ピーマンのスイートチリソース
6
<サラダ>シーフードのサラダ 辛くないオリジナルドレッシング
5
<スープ>豚肉と春雨のお団子 クリアスープ
7
<メイン>蟹の身だけを使ったパッポンカリー バミーと香り米を添えて
12
<デザート>ルビー色のクワイのゼリー包み クラッシュアイス添え
9

ホテルならではの洗練された味付けのコツ
スタイリッシュな盛り付けを教わり、
リラックスしながらも真剣にメモされていました。
4

4品のデモンストレーションが終わった後は
いよいよコース形式でお料理です。

初夏にふさわしいモンスーンバレー
(以前こちらのイベントでもモンスーンバレーを
ご紹介させていただきました。)
8

いつもお世話になっている、池光エンタープライズさんよりご協賛いただきました。
今回のワインは、コロンバールとホワイトシラーの2種類で
ワイン好きの方々からも美味しい!と大評判。

ご興味のある方は、こちらからお買い求めいただけます!
10

最後のトゥンシェフへの質問タイムには
お料理はもとより、トゥンシェフに興味津々(笑)

トゥンシェフは、ホテルのシェフを経て現在は
ヤマモリ株式会社が母体となるサイアムガーデンでメインシェフをされています。

国指定登録有形文化財に指定され、シャム(タイ)の
領事館となっていた建物がそのままレストランとなっています。
クラシカルでモダンな雰囲気の中で洗練されたタイ料理を、
名古屋へ行かれた際には是非トゥンシェフを訪ねてみてくださいね。

お土産にはヤマモリさんより、
サイアムガーデンオリジナル
レッドカレーとグリーンカレーをトゥンシェフから。
1

ご参加いただいた皆様、本当にありがとうございました!
11
13

<番外編>
トゥンシェフと、サイアムガーデンを担当する
神門さんとは、数年前に取材の仕事がきっかけで、その後
このようなお仕事でご一緒したり、
プライベートでも仲良し3人。

次の日は、トゥンちゃん初のディズニーシーで
アラサー(まだサーでもいい?)3名、大はしゃぎでした。
14

15

サプライズのバースデーケーキまで♪
いつもありがとう☆
17

くさくさ会~ベトナム&タイ料理~

年末にタイでご一緒した、ベトナム料理研究家の伊藤忍さんと、
うちのスタジオで“くさくさ会”を開きました。
kusa2

事の発端は年末でタイのアンパワー市場をご一緒した際。
私が大好きなムール貝の漬物(ホイドーン)を試食していただき
「おいしーっ!」
その時の伊藤さんの記事→こちら

聞くと、ベトナムにも“くさうま系”食べ物が沢山あるそうじゃないですか、
ならばと、“くさくさ会”案が成立!!

当日は臭気漂う中、お互い沢山のお料理を作りました。

~くさくさベトナム料理~
☆浅利のサラダ ライスペーパー添え
kusa1
沢山の香味野菜が入ってるのですがみょうがはオリジナルだそう。
これが良く合う!
炙ったライスペーパーの上にたっぷり乗せて食べました、
すごく気に入っちゃいました。

☆青菜の腐乳炒め
kusa4
タイもタイスキのソースや麺に使いますが、その国によって味付けが異なるのも
おもしろいなぁ~。
白いご飯がほしい!

☆くさ鍋
kusanabe
このスープが絶品!
スペアリブで出汁を取って
“くさくさ”の素、マム(魚の発酵食品)を加え、
レモングラスの香りのあるスープ、
濃厚で爽やか、臭い(笑)
たっぷりの野菜を煮込んでまさしくコンセプト通りの
鍋に大満足でした!

~くさくさタイ料理~
☆プラーラーのディップ
kusa3
東北特有の発酵食品、プラーラー(淡水魚を糠と塩に漬けたもの)
と、大量の唐辛子、たっぷりのハーブを混ぜたディップ。
くさ&爽やか♪
ナムプリック(ディップ)はとにかく野菜が食べれてヘルシー!
ご要望に答えて来月の「mayタイ」メニューに登場します!

☆北地方のスパイスラープ
laapnwa
とにかくスパイスが入りまくる(笑)
スパイスを潰して、にんにくや玉ねぎと一緒にペーストを作り、
ミンチ肉と和えます。
現地では生肉に血を入れて生で食べますが
さすがに生血は探せず(笑)
肉が固くならないようゆっくりと火を通して。
たっぷりのハーブと良く合う!

☆くさ魚とカナー野菜の炒め
kusa6
プラーインシーケム(サワラの塩漬け)
これが臭い(笑)
こまち嬢が吹っ飛んで逃げたコレです。
カナー野菜と炒めたら、お粥が何杯でもいけます。

☆くさそうめん
kusa8
プラーラーを煮込んでスープにして、
茹でたそうめんの上にたっぷり生野菜、くさスープをかける
東北地方のナムヤー(タイスタイルのそうめん用スープ)です。

タイもコンセプト通り、くっさくさに仕上がりました。

もちろん、臭いだけではありません、

発酵食品は、旨みの素。
2nabe

タイもベトナムも、豊富な魚を用いて、暑い国ならではの保存法と調理法で
飛びっきり美味しく料理するのが上手な国。

止まらない美味しさです。

くさくさ会は今後、タイごはん会でも登場しますので
お楽しみに♪

~最後にお知らせです~

伊藤さんは
今までお教室を開催されていた綱島から自由が丘に移転し、
5月14日、新規オープンされます!
大人気のお教室です、急いで予約を~→こちら
素敵な空間になることでしょうね、私も楽しみです。

伊藤さんと。
itousan

6名のお坊さんがスタジオへ!

タイのママから、
「チェンライから有名なお坊さんが来たから
スタジオの祈祷してもらいなさい」
と、先週なんと・・・・・

6名ものお坊さんがスタジオにお越しくださいました!

タイ国民の95%が仏教徒と言われる中
特にママは信仰深く、
仏教について、
タムブン(徳を積む)について、
度々聞かせてくれます。

それでも深すぎて
未だに理解するには、まだまだ時間が必要ですが
今まで直面してきた問題に仏教の教え(ママの教えでもある)で乗り越え、
精神的に成長できた部分が多いのも事実です。

スタジオへようこそ!
tambun1
当日は家族、親戚、ママ友人の25名が集合しました。
(狭いスタジオにギューギュー詰めとはまさにこのこと)

チェンライ県では非常に高名、仏教の世界では階位
高いお坊さんなのだそうです。
日本全国を北から南まで1ヶ月かけて廻った後はヨーロッパへ行かれるんですって!
(ネイティブな英語にびっくり!)

全員集まるとお経が始まり、
tambun2

その後はお食事。
ママから、今までの成果をお坊さんに見てもらいなさい!と
せっかくなので私、mayが作った北タイ料理&フュージョンタイ料理をお出しすることにしました。

☆豚スペアリブとトマトのチェンライスタイルそうめん
☆北地方のスパイスサラダ
☆魚介のふわふわバナナ葉蒸し
☆海老の炒めクリームチーズとオイスターソース風味
☆春野菜6種の炒め物
☆豚肉団子と豆腐のスープ
☆タイマンゴープリン
☆ミックスココナッツデザート
☆野菜の3色白玉デザート
☆いちご&さくらんぼ

お坊さんの食事は早朝と正午前の1日2回。
そのためには10時過ぎには準備を終わらせなけらば
ならないため、当日は早朝から仕込みを始め
(途中ママと家族も応援)ギリギリセーフでした。

料理はコースのように時間差で出すことはせずに
一斉に運びます。
その時、料理は直接テーブルの上には置かずに、差し出された
布の上の置きます。
tambun3

美味しいとおっしゃっていただき、
お坊さんってお世辞言うのかしら?なんて思いつつも
嬉しいひとときでした。
tambun5
特にマンゴープリンをお気に召していただいたようです。

お食事が終わった後は、
ママ達が壺のような道具を用意すると
そこへミネラルウォーターを注ぎ、
お経を唱え、聖水を作ります。
(マンガでしか見たことない・・)
tambun6
花束を聖水に浸し、
お経を唱えながら座った全員に振りかけます。

そのまま部屋を清め、玄関へ向かい、玄関の上に
石灰?で模様を描き、金箔を貼り
tambuun7
更にお清めしていただきました。
tambun9
(スタジオにお越しになった方
是非ドアの上をご覧になってみてください!)

“スタジオと会社がたくさんの人に囲まれ
繁栄しますように”
の言葉で締めくくり、無事に儀式は終了、
大感激のタムブンでした。
tambun4

その後、親戚全員にお土産をいただいた上に
タイの仏教やチェンライのこと、
沢山のことをお話ししていただき
非常に貴重な体験に、
親戚も大満足してもらえたようです。
tambun10

とても素晴らしい体験ができたこと、
ママをはじめ、すべてに感謝です!!
tambun11

スタジオ及び会社設立パーティー(2)

いよいよ、ご来場いただいた方へのご挨拶の時がやってきました!

実は、壇上から、今まで支えてくださった方々のお顔が見えた時
うるっ・・・
慌てて自分に“どん引きされるぞー”と突っ込みながら
乗り越えました 笑
2

TitCaiThaifood(ティッチャイタイフード)になった理由、
これまでの活動、
そして会社設立後の活動内容について
20分のお時間をいただきました。

結果、一言でまとめると・・・

タイ料理が好きだから、仕事にしたい!!

非常にシンプルな理由だわ・・。
9

タイ料理研究家として、日本で活動するからこそ
“日本で作るタイ料理”をテーマに旬の食材、日本特有の食材を
積極的に取り入れた、“タイと日本の融合”を
ご提案したくて、
パーティーのお料理はビュッフェスタイルで以下の9品を
ご紹介しました。
1

☆和牛のタイスタイルサラダ
☆鶏肉のハーブ唐揚げ
☆海老のスパイシースープ
☆帆立貝のスパイシーハーブ炒め
☆真鯛の天ぷら 青いマンゴーサラダ添え
☆7種の具のグリーンカレー
☆タラバ蟹と野菜のカレー炒め
☆よもぎ白玉のココナッツミルク
☆桜の花びらとココナッツミルクの2層ゼリー
☆タイ産マンゴー

(お料理の準備に没頭、料理画像なし・・・)

お料理は、私が信頼するタイのママと
2日前から一緒に仕込み、当日はママに託しました。

使う素材は日本でも、タイの味がぶれては
タイ料理ではない。
ママがいつもそう教えてくれるからこそ
今があるように思います。
3
この日、使用するチリインオイルからカレーペーストはすべて
手作りにこだわり、お蔭さまで
お料理は大好評をいただくことができました!!

美味しいタイ料理を作ること、
タイ料理をエッセンスとして創ること。
そして、みんなで造ること。
7
10

多くの方々のご協力により、素晴らしいパーティーが開催できましたこと
この場を借りて、あらためて感謝申し上げます!
6

二ノ宮社長がおっしゃった言葉
“今日からスタート”。

ひよこの株式会社TitCai、
少しずつ成長いけるよう
頑張ってまいります!