【お知らせ】TitCaiThaifood(ティッチャイタイフード)スタジオ OPEN!

今日は皆様にお知らせです!

私がタイ料理教室を始めて7年間経ちました。
これまで、様々な場所で教室を開催してきましたが、
今年ようやく自身の拠点となるスペース、

【ティッチャイタイフードスタジオ】

3月3日、錦糸町にオープンする運びとなりました

これも、すべての方からご縁をいただいた
おかげです。

小さな小さなスタジオですが、
お越しいただく方に
タイのようにゆっくりと流れる空気を感じていただけるような
場所にしたいと思っております。

そして、これまで以上に分かりやすく楽しいタイ料理レッスンを
ご満喫していただけるよう努めてまいります。

TitCaiThaifoodスタジオは、
料理教室の他にも、タイ料理を発信するスペースとして
幅広く活動していきたいと思っておりますので
是非ご意見などお寄せいただければ嬉しく思います。

詳細は近日中にHPで正式にお知らせいたします!

メールマガジンにご登録いただければ
今後、先行予約やお知らせをいち早くご案内させていただきます。

登録は→ こちら  まで

3月3日から、新たなスタート。
ここからまた生まれるご縁が楽しみです。
TitCaiThaifoodスタジオをどうぞよろしくお願いいたします。

tung tong

<お知らせ>
メール配信にご登録済みの方で
先日お送りしたメール配信が届かない方は
恐れ入りますがmay@titcaithaifood.comまで
ご連絡ください。

【タイ&ベトナム食の旅】水上マーケットへ。

2日目は早起きして、ラーチャブリー県のダムヌーンサドゥアク水上マーケットへ。
度々ブログで登場しているワサナママの田舎です。
この周辺は車で30分圏内に
有名な観光スポットが数多くある魅力的な場所。

まず訪れたのは“市場の中に電車が走る”として
テレビでも多く紹介された
メークロン市場へ。
raburi1

朝9時発の電車を待つと(定刻通りに出発しない時もよくあるのでヒヤヒヤ・・)
「マーレーオ、マーレーオ」(来たよ、来たよ!)
raburi3

の声かけと共に今まで線路の上に広げていた
品物を“テーブルクロス引き”のように
ヒュッ!と手前に引くだけ。
線路までわずか5mm、いや、ほぼ踏まれているように見えるのに
無事なのが不思議(笑)
危ないよ~!と騒いでいたのは私達だけ。

うわぁ~
raburi10

何が驚いたって
みんな普通すぎ (笑)
raburi11
これが日常とは
さすがタイ・・・。

メークロンでは屋台のおやつも名物。
raburi4
一口ずつ、様々なおやつをご紹介しました。
カノムトゥアイ(2層のココナッツプリン)
raburi15
下はココナッツシュガーたっぷりの甘い層
上はココナッツミルクたっぷりのしょっぱい層
2つの味覚が同時に合わさるのが美味しいお菓子です。

この後は舟で水上マーケットへ。
raburi6

ここで名物舟そばの朝食。
ナムトックムー(豚肉の黒スープ麺)
raburi9
ナム=水 トック=落ちる
“滝”という意味がありますが
ここではこの水にあたるのが
“血”・・・

初めて聞く人はヒョエーって気持ちわかります。

でも美味しい店ではこの血のコクがとっても美味しいんです。
血を沸騰したスープに流す(これを滝に例えてます)
のですが、火が通らないと生臭くなってしまい
火が通りすぎるとスープと血が分離して口当たりが悪く
コクがでません。
テクニックを要するお料理なんです。

麺はセンミー、センレック、センヤイ、バミーを注文。
麺を変えて2杯目を行きたかったのですが
昼食のために我慢。
なぜ胃はひとつしかないのかしら(-“-)

この後はココナッツファームへ。
いつもレッスンで説明しているココナッツシュガーの
作り方について実物をお見せしながら説明。
raburi14

お次は昼食!(食べることしかしてない・・)
この続きはまた次回☆

今日のベストショット(生徒さんから拝借)
raburi12
爽快~
気持ちよかったですね☆

【タイ&ベトナムツアー】帰国しました!

タイとベトナムを食べつくす食の旅から帰国しました!
ツアーにご参加いただきました皆様、本当にありがとうございました♪

タイとベトナム、似ているようで全く異なる国なのだと
私自身、改めて勉強になった旅でした。

ベトナム料理ウッマーッッッ☆
きゃー、雑貨かわいい~~☆
ベトナムでは私も皆さんに混ざりきゃぴきゃぴ~~♪♪
・・・・コホン。

そんなタイ&ベトナム2カ国の食を満喫した旅の様子を少しずつ
ご紹介します!

まずはタイから!
到着して1日目の夜は
バンコク市内の
タイ人に大人気の店をご紹介。

この日のテーマはタイ中部料理。
ココナッツをふんだんに使用し、
マイルドで繊細さなタイ料理を味わっていただきました。
その中でも人気があったのは

ヤム・ソムオー(ざぼんのサラダ)
干した魚を砕いているのでどこか懐かしい鰹節のような風味と
ざぼんをサラダにする斬新さはタイ料理ならでは。
ピーナッツや野菜の食感で、タイ料理って食べてて楽しいっ!って
思える♪
tour2

ナムプリック・プー(蟹のディップ)
タイの食事はナムプリックにあり!って私が大好きなメニュー。
蟹の身と辛さ、香り、酸味が加わった絶品ナムプリック。
こんなにたくさんの野菜をあっという間に食べれちゃうのも
ナムプリックの良さ♪
tour3

ゲーンキョウワーンヌア(牛肉のグリーンカレー)
普通すぎない~?と思わぬなかれ。
新鮮なハーブでペーストを作り、生のココナッツミルク、
たっぷりと加えるタイハーブの香りと緑唐辛子の香りはタイならでは!
是非タイで試していただきたかったメニュー。
現地ではロティー(インドスタイルのパン)や、カノムチーン(上新粉の麺)と
一緒に食べるのが人気です。
tour4
tour8

全部で9品のお料理、たっぷりと食べ尽くしました!
バンコクならではの上品なお料理、いかがでしたか?

その後はタイならでは!の生シンハーを飲みに。
乾季の今、ビアガーデンが風物詩のようになっていますが
今日は、スクムビットにあるシンハービアパークに。
ビアガーデンの醍醐味?
生シンハータワー。これがいいのです。
tour5

あんなに食べたのに野菜だからいいの♪と
またまた私のおススメ、塩卵のナムプリックを。
塩卵のまろやかさと唐辛子の強烈な辛さがピッタリで
またまた野菜とビールが更にすすむーっ
tour6

屋外でビールっていいねぇ~♪
まったり、幸せな時間を過ごしましたね・・・既にあの日が懐かしいわ・・
tour7

次の日は早朝に待ち合わせなので1軒で切り上げ。笑

初日から笑いっぱなしの
バンコクの夜でした・・・
tour1
あまりにも素敵な笑顔を向けてくれたので載せちゃいましたよ。