おぉ!なんと癒しのカフェin Tokyo イベントへ

先日、島根県邑南町(おうなんちょう)が主催するイベント
おぉ!なんと癒しのカフェin Tokyo
に参加してきました。
8

お恥ずかしながら島根県についての知識が全くなかったのですが
イベント終了後には
島根県の食材についてもっと知りたい!!と強く思ったのでした。

邑南町は、全国公募型の田舎の逸品おとりよせコンテスト
“Oh!セレクション”
邑南町の生鮮食材を全国のイベントで出かけてプロモーション展開する
“Oh!マルシェ”
そして今回のOh!セレクションに認定された食材で構成されたメニューで
展開するカフェイベントをプロデュースする
“Oh!カフェ”など、
町ぐるみで様々な取り組みをされていて
勉強になったのはもちろん、
何よりもすっごく元気をいただいてきました。

それでは早速、邑南町が発信する逸品を集めたお料理を
ご紹介します!

邑南町の野菜畑と瑞穂のキャビア
なんと、邑南町ではチョウザメを養殖しているそうです!
豊かな自然が育てたお野菜。
1

石見ポークの香草パン粉揚げ・かぼちゃソース3

一夜干しのどぐろの蒸し焼きスープ仕立て
4
のどぐろの一夜干しも珍しいと思ったのですが
私は下にあるご飯、ハーブ米にピピッと来ました。
ハーブの一種である、赤つめ草を稲と一緒に育て、ハーブの作用で害虫から守り、
枯れ落ちたら肥料になるそうです。
素晴らしいと思いました。
もしかしたらハーブが豊富なタイでもそういう活用があるのかしら・・?
とは思ったのですが・・?

石見和牛のステーキ狩人のソース、じゃがいものグラタンときのこ達
6
年間200頭のみ、それも出産していない牝牛だけが
石見和牛と呼ばれるそうです。
牛肉がフレッシュですっごく柔らかかったです!

邑南町のお米とハーブのパン
5
上新粉で作っているのでもっちり、しっとり!
時間が経ってもふかふかでこれは是非購入したいと思いました。
ハーブが香り、こちらも同様米とハーブが豊富なタイでも
流行りそうだわ~と一人で考えてました。

自然放牧牛乳のアイスクリームとマロン入りのクレームブリュレ
7
こちらもすぐ購入したい!と思ったほど美味しかったー
アイスクリームがしつこくないのにミルクの風味が濃厚で!

食事後は、Oh!セレクションの審査員長をされている
平野レミさん、ANAクラウンプラザホテル黒越シェフ、
農家のこせがれネットワークの宮治さん、
邑南町長の石橋さんによる
トークセッションがあり、
人々の温かさ、自然が豊か、食べ物がおいしい
邑南町をもっと知りたくなりました。
9

大切に作られた食材だからこそ自信を持って
伝えられる。
生産者も消費者も元気になれる
素敵なイベントに参加させていただきました。

当日の様子が、山陰中央新報に掲載されていました!→こちら

【Amazing Tastes of Thailand】100年市場へ。

<Amazing Tastes of Thailand>から1カ月が経過し、
まだ完結を迎えていなかったなんて
自分でも驚いています。
魅力溢れるタイをいっぱいご紹介したいのに!

さて、タイ政府観光庁が新しい観光スポットとして注目をしているのが
バンコクのお隣、チャチュンサオ県。
ホアラムポーン駅からも鉄道で1時間半、手軽さと旅情あふれる
雰囲気が楽しめる今人気のスポットです。

ここの名物は“タラート・バーンマイ”
229
レトロな博物館のようですが100年以上も続いている市場なんです。

ここで有名なレストラン“バーン・パー・ヌー”(ねずみおばさんの家)
で、川を眺めながらの昼食です。
お店オリジナルの海老のチリソース炒めが香りよく、一番のお気に入りでした。
220

トムクローンプラーサリット。
ここでは揚げた魚とパックワーン(青菜)の入ったタマリンドの効いたスープで、
タイではとっても伝統的なお料理です。
222

市場内は、土日に最も賑わい、
様々なおやつや、軽食が売られています。
一日ゆっくり見たいな~・・
230

素焼きの入れ物(いつも思うのだけれど大抵キャラクターが可愛くない)
に入ったタイのジュースは、
ゲックフアイ(菊のジュース)をチョイス。
みんなで記念撮影!
今回のTATツアーでご一緒させていただいた一部の
とってもとっても素敵な方々です。
241

バンコクへ戻り、こちらは有名な観光スポット
サイアムニラミットへ。
ギネスブックに認定された、世界最大級の劇場です。

私は今回初めて行きましたが
敷地内には北部、東北部、中部、南部の異なる生活様式を
見ることができて、ショーが始まる前から
楽しめました。
269

実演でおやつを味見させてくれたり、
262
各地方の雰囲気をじっくり堪能しました。

北部の家にて。
タイ国政府観光庁美人秘書の青砥さんと♪
・・注目すべきは男の子のポーズ。
全く北部の雰囲気が伝わってこなくて面白い。笑
267

全員で記念撮影。
259

この後のショーは撮影禁止ですが
3部構成で、タイの歴史や文化を250名以上の出演者が表現しながら
水あり、光あり動物も出演する迫力のショーは一見の価値あり!!
show

さあ、次回はいよいよ最終回パタヤです!(かなり無理やり・・)