シーズニングソースの謎

寒い、寒すぎる~・・
春はまだかいな~・・・ 寒さのあまり狂ってます。

とは言っても食材は春まっさかり、
春野菜、春の魚で溢れてます。春はもうそこなのになー。

さて、今回のシンハービールレシピでは
春野菜メニュー

カリカリ豚と菜の花の炒めもの
pad nanohana
をご紹介してます。

菜の花は、私の住む千葉の県花。
近所にも菜の花畑がたーくさんあって昔は、キャッキャ♪
と遊びながら春を感じていたものです。

って昔話は置いといて・・・

今日は、今回ご紹介しているタイ食材、シーズニングソースのお話。
sause prunrot
タイ語では、メーカー名で呼ばれたり、
もしくは、そのまま訳して“ソース・プルンロット(味付け)”など。

大豆を原料として塩、砂糖、アミノ酸が入った調味料で、
タイでは目玉焼きにかけたり、炒め物、チャーハン、おかゆ、
麺の味付け、主に中華系の料理に度々登場します。
タイでは、ハンバーガーやホットドックにもタラリ、します。

生徒さんからのよくある質問の中に、
同じメーカーなのに、瓶の形状が異なって、
両方にシーズニングソースって書かれてるけど
何が違うの?と。

私はタイで、
料理用と卓上用とラベルが違うのよ。
と習って納得してました。

突っ込めば、それも何で違うの?って感じ 笑
他の人に聞いても、
サイズだけの違いよ!とか、
メーカー違いよ、とか
人によって結構違うことが多く。(タイらしいなー)

少々納得が行かなかったので、
わたくし、タイのメーカーに聞いて参りました。。

すると、料理用と卓上用というのは一理あって、

アミノ酸の量が異なるだけ

だそう。
よって、使い分けるためにラベルで区別し、
料理用と卓上用にしているんですって。
たしかに、卓上用の方が味が濃く、甘みを感じます。

ふぅむ、アミノ酸か。
担当の方に親切にタンパク質、アミノ酸について
科学?っぽいお話をご親切にしてもらったのですが
さっぱり理解できず・・・・・
この辺は、私のタイ語能力がもっと上がってから
お答えする事にしましょ。←いつだ・・

結論

料理用でも、卓上用でもOK! 笑
少しコクを出したい時に加えるとGood♪

今週の土日はセーップ・ラーイラーイ・ドゥー♪

Tit-Cai-Kitchen
今週の土、日のタイ料理レッスンは、
東北の郷土料理3品をお届けします!

郷土料理は、アレンジすると美味しさが伝わらないので
現地そのままのディープな味をお届けしますよ!

まさに
セーップ・ラーイラーイ・ドゥー! (イサーン語でとてもおいしい!)

瞼をとじれば、空気が澄んだ山奥の村で
村人たちがモーラム(東北の伝統音楽)のリズムに乗って
わいわいと踊る姿が浮かんできますぞ!
(浮かぶか!)

ネーム・クルック
neamkluk

ネーム(生ソーセージ)とたっぷりの香味野菜とクルック(混ぜる)して
更にたーっぷりのハーブと食べる料理、
もち米をにぎにぎしながら食べれば、そこはイサーン・・・・
香りを楽しむお料理ですよ

トム・セーップ
tomseap

セーップ=おいしい
名の通り、おいしいスープなんです!
豚の軟骨バージョン、牛ホルモンバージョンなど
いろいろありますが
今回は豚のホルモンバージョンをお届けします!
食感の異なるホルモンがたーっぷり入ってヘルシー♪
臭み抜きのコツや、東北料理の特徴など濃い内容ですよ

ヌア・デート・ディオウ
デート・ディオウ
干すんです!
明日も八広会場で、同内容の講習があるので
うちの洗濯ばさみには牛肉がゆらゆらと揺れて、
かなり怪しい家になってます 笑
不思議とカラスさえも寄ってきません 笑
明日にはアミノ酸たーっぷりの牛肉干しが完成。
きゃーん♪♪

恵比寿会場

土曜日 
ブランチ(11時~15時) 1名キャンセルでました!
ディナー (17時~21時) 空き 3名

日曜日
ブランチ 満席
ディナー 空き2名

お申込みはHPまで

セーップ・ラーイラーイ・ドゥー って
みんなでうなりましょうよーぅ♪

Tit-Cai-Kitchen4.5月メニュー

ぽっかぽか日和です、
いちごを食べながらブログ更新。
春を感じ、幸せなひとときです

さて、春からの
Tit-Cai-Kitchen
4.5月のメニューを発表します

今回より、恵比寿と八広会場、メニューを変えて
幅広~いレパートリーを

タイのお惣菜定番メニュー
辛くない、すぐに作れるタイ中華メニュー
大人気の定番メニュー
見た目も美しい、おもてなしメニュー

など、シチュエーションに合わせたタイ料理のオンパレードをお届けします

そして、八広会場は気まぐれな不定期ですが今後、特別講習も開催していきます
すこ~ぅし(かなり?)手間はかかるのですが、休日にゆっくりと
作ってみたい料理をご用意してみました。

その中のひとつ、
旧正月やお盆など中国の行事に欠かせないお菓子、カノムティアン
(辛餡、甘餡2種の黄豆餡入りの求肥バナナ葉蒸し)
khanom thian

行事が近づくと、近所の人が集まって近況などを話しながら
みんなでゆっくりと作るお菓子で、普段町中で売られる所も少なく、
特別な行事菓子です。

お菓子は宗教や文化と大きく密接しているので、そんな話を交えながら 
みんなでゆったりと楽しい時間を過ごしたいと思います。
(と言ってもいつもバッタバタなんですけどねー)

バナナ葉を裁断して、とろんとろんの求肥を作って、餡を練って、
包んで、蒸してっ、私の大好物

きゃーん今からすっごく楽しみぃん

・・。、、、でもね、料理は楽しみながら作って美味しさが伝わるものですよね、

通常講習、特別講習共に
メニュー詳細はHPから♪