口コミの影響力

<追記しました!>

初めて教室にお越しくださる方に、きっかけを尋ねると
○○さんのブログを見て・・・という声が増えてきました

教室にご参加いただいた方が、ご自身のブログで
当教室をご紹介してくださるんです

すごく嬉しいことです

情報は口コミと紹介が一番説得力ありますからね。
影響力、すごく大きいなぁ~と今更ながら実感。

嬉しいのでご報告を♪
今までにも素敵にご紹介してくださった方が何名もいらっしゃいますが
今日は3名の方ををご紹介します

まずお1人目はインドカレー好きならばご存知のはず、
カレー伝道師の渡辺玲さん

独自のカラーをお持ちで、
渡辺さんの世界にすぅっと引き込まれます。そんな魔力、いや、魅力のある方です。

ブログで意見をバシッと言えるのもかっこいい・・

私は強そうに見られて実はキャイン!
としっぽを丸めちゃうほうですから。

そんな渡辺さんがブログでこのようにご紹介いただきました
嬉しいなぁ

南料理はインドやマレーシアから影響を受けたお料理も多く、
ターメリックや乾燥スパイスも多用するので渡辺さんの出番ですとばかりに・・
(私、完全立場を間違えてますね。)

8月の
グリーンカレーの講習では、
お恥ずかしながらインドのパン、ローティーのタイ版をご紹介し、
このようにご紹介いただきました→こちら
rotee2
rotee1
おかげでインドとの違いがわかってラッキー(笑)

インド料理家としてメディアでもご活躍で、
月に一度インド料理教室もされてます。
私の講習4時間も長いかなーと思ってましたが
更に長いです!)゚0゚(

私も参加しましたが、彼の世界に引き込まれるので(笑)
長さはさほど感じません。
でも、もっと料理を知ってもらいたい!って気持ちから長くなっちゃうんですよね。
同じです。
是非HPでチェックを♪

              

そしてお二人目は、
最初お会いしたとき、学生さんかしら?と思っていたら
試食の時に

「子供がいて・・・」

えー

「小学生で・・・」

え゛ー

二度びっくりですよ、もう!

可愛らしいお母さんは
なんと管理栄養士でこんなすごーく素敵なブログ
子どもと楽しむ食時間
をされているのも
びっくり!
何回驚いたかな・・・

mihoさんのブログはまさに
楽しい食育

食生活を子供と一緒にとびっきり楽しむことが一番の食育なのでしょうね。

悩みは、
「子供の舌が肥えちゃって」

羨ましすぎ

ご主人もイタリアンのシェフだそうで、

それは肥えます!!

美しい写真と共に、センス抜群の盛り付けは必見
私ももちろんお気に入りに登録済み♪

そんなmihoさんにこんなに素敵にご紹介いただきました♪

7月の様子
唐辛子30本入れたのに、表情は至ってフツーでした( ̄ェ ̄;) アレ?

8月の様子
タイフェスでちゃって!(笑)

 
                     

最後に3人目の方は
料理教室のお付き合いかなり長いです

はちさんと出会って5年以上。

毎月5年間来てくださっているはちさんにホント感謝です
第一回目から私の成長をずっと見ててくれてますからね。
今でこそ失敗も少なくなったけれど?

1年目だったか、
火が強すぎて、フライパンからボーボーと火が立ち上がっているのに
大丈夫、大丈夫ー♪
って冷静にフライパン振ってるのを不安そうに
一番前の席で見守ってくれてましたからね

今だから言いますが実は、内心ガクガクブルブルでしたよ

はちさんのブログ『はちのアジア旅ノート
すっごく面白いです!

本音のストレート直球、大好き!
ちょっとこわいけど(笑)
さっきも、ブーッって一人で声出して笑っちゃいました。

アジア旅の達人で、旅をレポートは参考書として使えるのでおすすめ!

都内の料理教室編で、講習の様子を毎月ご紹介くださってます。

読む度に辛さの苦手なはちさん。(かなり私攻撃しちゃってたんだわ・・)
これからも一緒に歩んでくださいな(笑)

                     

皆様、ご紹介ありがとうございました(^人^)

せっかくの口コミ情報、ホントだった!ってなるよう
もっともっと頑張らなくちゃ!

いろいろ頑張るぞー ヽ(`ー´)ゝ
(気合いは人一倍です)

旅は道連れ

mayがご案内する食と癒しのチェンマイ

小トラと遊んだ後はいよいよ最後の食事、
フアン・フアイ・ゲーオへ。

この絶景♪
私達は画像内のテーブルでマイナスイオンに囲まれながら食事を。
namtok

最後の食事にふさわしいこのロケーション♪
チェンマイは、景色と食事を楽しめるレストランが多く、
自然派も都会派も満足。

私達の行いがいいんでしょう♪
雨季なのに、雨が降ったのは1日だけ。それも1時間。
屋外の席を開放するのは久しぶりなんですって!

このレストランでは、
北タイ料理と、川魚料理がおすすめ。

ゲーン・ホ(いろんな具材を炒め合わせた北部料理)
昔、残ったおかずや食材を混ぜて偶然に作られたのがこのお料理。
今では入る具材や大まかな味付けは決まっているけど、
ここのゲーンホの味付け好きです。
geangho

ナムプリック・カイケム(塩卵の北スタイルディップ)
さすが北地方!と思ったのがナムプリック・ヌム(北部の唐辛子ディップ)
がベースになっていました。
namprikkhaikhem

プラーヌン・ペッサ(川魚の姿煮)
川魚を使った姿蒸し。
生姜の風味の中華スタイルで、辛さが苦手な人でも〇♪
pesa

プラートード・サムンプライ(ハーブと川魚のフライ)
様々なハーブを揚げ、魚と一緒にいただくお料理。
店の人気メニュー。
plaa samumprai

プラー・パッ・ペッ(川魚のスパイシー炒め)
こちらも数種のハーブが入った辛い炒め物。
なまずで作るのが有名ですが、この日はプラーニン(ティラピア)で。
phad phet

まだまだ続きます。
ヤムウンセン(春雨サラダ)
これを食べにタイに来た、という方が。食べれてよかった♪

ラープ・ムーはもちろん北部スタイルで。

トム・カー・クン(川海老のココナツミルクスープ)
鶏肉で作るのが有名ですが、地元の食材にこだわって
川海老で作るのが嬉しい。

ゲーン・ソム・チャオムカイ(チャオム入り卵焼きのサワーカレー)
中部のお料理。タマリンドたっぷりでココナッツが入らないヘルシーカレー

トーッマン・カイケム(塩卵入りさつま揚げ)
日本ではあまり見かけませんが、タイではよく見かけます。
おつまみにもおかずにもなるし、今度講習でやってみよう。
thodman khai khem

ヤム・カポ・プラー(魚の胃袋サラダ)
訳すと引いてしまうけれど、胃袋はカリカリに揚げてあるので
スナック感覚で食べられちゃいます。にんにく漬けが入るのも特徴。

生のパイナップルジュース、マナオジュース、オレンジジュース・・
残り少ないタイを満喫しました♪

この後は空港にお見送り。

一人旅も気楽でいいけれど、

旅は道連れ

です。
同好会まで結成しましたからね。

そんな仲間と一週間ずっと一緒に過ごした仲間と離れるのは寂しい。。

・・・それから既に旅から2か月以上経過

この間、講習などでも
皆さんとお会いする機会も多く、旅の思い出を語るのがまた楽しい時期。

mayがご案内する食と癒しのチェンマイ、

今後さらにパワーアップして、機会を増やす予定です。

ツアーご参加の皆様、ご協力いただいた皆様ありがとうございました☆

次回のツアーは、バンコク&○○

お楽しみに♪

満員クラス、受け付け開始!

読売文化センター錦糸町
簡単にタイごはん

来期の受付がお盆明けより始まります!

来期のメニューは

10月
◆鶏肉のガパオごはん揚げ卵添え
◆おこげの一口オードブル
◆さつまいもとバナナのボール
◆ハーブティー
王道ガパオご飯!

11月
◆挽肉とトマトのディップ たっぷり野菜添え
◆野菜と春雨の炒め チェンマイスタイル
◆タイもち米
◆栗とココナッツの汁粉
◆ハーブティー
気分はカントークディナー♪

12月
◆汁なしトムヤム麺
◆豆腐と肉団子のクリアスープ
◆カラメルりんごのココナッツソース
◆ハーブティー
忙しくてもチャチャッと作れちゃう。

1月
◆3種のカリカリスパイシーサラダ
◆豚肉と卵のスパイス煮
◆ジャスミンライス
◆レモングラスのパンナコッタ
◆ハーブティー
ご飯に合うー!

2月
◆サトー豆のスパイシー炒め
◆レッドカレー風味のフライドチキン
◆タピオカとフルーツのミックスデザート
◆ハーブティー
次の日にご用心・・・?

3月
◆パーナ貝とパイナップルの甘酸っぱいカレー
◆豚のレモングラス串焼き
◆ジャスミンライス
◆じゃがいものカレー風味パイ
◆ハーブティー
女の子が好きな味♪

北料理から南料理、屋台料理まで。
バラエティーに富んだメニューでお待ちしておりますよ!

現在9月までは、満員となっておりますため、
お申込みはお早めに!
詳細はこちらまで~♪

TitCaiキッチン メニュー発表!

ゆっくり、じっくり学べる『Tit Cai Kitchen』の10月以降の受付を開始しました!

10月
タイの喧騒の街角で食べる屋台料理

豚肉のガパオご飯揚げ卵添え ~パッ・カパオ・ラート・カーオ~ 
タイの屋台の味。揚げ卵を星形に作るコツは?

インスタントラーメンのサラダ ~ヤム・ママー~ 
インスタントラーメンが豪華なサラダに大変身!

貝型のもちもちお菓子 ~カノム・クローン・クレーン・ゲーオ~ 
もちっくにゅの食感が楽しい♪

フレッシュハーブティー

11月
タイのこだわり専門店巡り! 

海老のパッタイ ~パッタイ・クン・ソット~ 
タイ人の日常食パッタイ。コツを覚えれば専門店の味。

豚肉のサテ レモングラス風味 ~ムー・サテ~ 
串の刺し方に秘密あり♪

ルビーのデザート ~カノム・タプティム・クロップ~ 
簡単なのにおもてなしにぴったり!

フレッシュハーブティー

12月
タイスキでクリスマスパーティー

タイスキパーティー2種ソース~スッキー~ 
秘伝のタイスキソースを2種類覚えて、今年の鍋料理はタイスキで決まり♪
 ご家庭で簡単に作れる海老&豚ひき肉の様々な具をご紹介します。

ピータンのさくさくバジル揚げ~カイヨーマー・カパオ・クロップ~ 
ピータンのおいしい食べ方を発見!

ジャスミンライス&中華麺

フレッシュハーブティー

さて、最近
“料理に慣れていないし、料理教室に参加したことがないので一人じゃ不安”
というお問い合わせが多くあります。

実は
最初は殆どがお1人で
料理が苦手という方のお申込みが一番多いんです。

タイ料理ってどうやって作るんだろう?
これだけでいいんです。

見かけない材料があるから
難しそう・・と感じるだけで扱い方を知れば簡単。
調理も手順さえ守れば上手に作れるレシピです。

だからこそ、
タイの材料についてはじっくりと説明をするのです!!

・・・だんだん某テレビショッピングみたいな解説になってきた・・・

回答は、

一人でも料理が苦手でも大丈夫♪

お申込みはこちらのHPのフォームよりお待ちしております。

トラ女の究極の癒し

mayがご案内する癒しと食のチェンマイ
5日目(最終日)

動物好きはタイへ!

今は法律で規制されて少なくなりましたが、
バンコクの大都会を象が歩く、
なんて日本では考えられないことがタイではごく普通の事だったりします。
動物園、サファリパークをはじめ、タイでは動物と触れ合える距離が近い!

それもタイには、“虎に翼”“虎の尾を踏む”なんてことわざがある
強いイメージのトラと
近くで触れ合える場所が結構多くあります。
私の友人?がいるシラチャーの『 Sriracha Tiger zoo』や、
カンチャナブリーの『Tiger Temple』など。

そしてチェンマイにもありました!
Jirungの裏にオープンしたばかりの『クムスア Tiger Kingdom

トラと遊んで触って、食事やお茶を楽しむなんて凄い
ところです・・

いくつかパターンがあり、私達は子トラと20分遊ぶコースを選択。
大トラとも同じように遊べるようですが、
ガオー!
swayai
今回はやめておきましょ。

きゃーん♪
まだ生まれて2か月の子トラです。
swa1

きゃー♪
この肉球には寅年女may、完全にノックアウトでした。
swa2

くたぁ~
swa4

みんな夢中で遊びまくりました。
len

体は子トラでも足がたくましい。
len2

トラ女、子トラに襲われました!!
len3

食と癒しの旅の最終日、これが私の究極の癒しになるとは・・・
たぶん私だけね・・。

次回は旅の最終回、絶景に感動!

癒しの最終プログラム 

mayがご案内する食と癒しのチェンマイ

以前もご紹介したタイのコスメは最近、日本でも大人気で、
現地でもオリジナルのスクラブやクリームを手作りするスパが増えています。

手作りは刺激も少なく、香りもマイルド、そして何よりも安心感があるのが嬉しい♪
今までは、現地のスパで購入して日本へ持ち帰っていたのですが、
このクリームの作り方が習えるアカデミーがチェンマイにあるんです!

癒しの最終プログラムです。

チェンマイの郊外にそびえたつ
Jirung spa of Eternity

ホテルあり、レストランあり、スパはもちろん、アカデミーが隣接し、
スパやマッサージの開業向けコースは大好評だそうです。

私達が体験するのは、“ホームスパコース

早速、充実した大満足の内容をご紹介しましょう♪

癒しのレッスン内容は、

1.ハーブボールに使用するハーブの効能とハーブボールの作り方
2.施設内のハーブ園でタイハーブの種類や香りのレクチャー。
3.余計な角質を取り除く、スクラブの作り方
4.お肌がつるっつるになる保湿クリームの作り方
5.自分で効果を体験
(レッスンはタイ語か英語のみ)

なんと、レッスンスタイルが選べるんです!(内容は同じ)
伝統スタイルと現代スタイル、好きな方を事前に予約できます。

伝統スタイルは池に浮かぶ、風情溢れるサーラー(東屋)で風を感じながら。
現代スタイルは、クーラーの効いた部屋でアロマの香りに癒されながら。
伝統スタイルにしようと思ったのですが、蚊や暑さの心配があったので
現代スタイルを選ぶことにしました。

始めにハーブボールを作るのは、こんなに景色の素晴らしい最上階で。
12
講師は、背筋のぴーんと伸びたチェンマイ美人。
説明も丁寧で親切。
11

まずはハーブボールのレクチャーから。
1

Jirungでは、使用するハーブボールもすべて手作りで丹念に作っているそう。
ひとつに使用されるハーブの種類と量に驚き!
13
ハーブボールを作るのはコツが必要。
出来上がった私のハーブボール。ちょっといびつ・・・
2
このハーブボールはお持ち帰り。

この後は庭でハーブのレクチャー。タイの農民は昔からこんな帽子を被っていました。
かわいい。
3
こんな自然に囲まれたら、ハーブもぐんぐん育ちますね。

5

お散歩の後は、離れの部屋へ移動してスクラブ&クリーム作り♪
6
このまま食べたらおいしそう~な植物性の材料。
バナナやはちみつがたーっぷり♪
8

スクラブとクリームが出来上がったら広いバスルームで効果を体験。
みんなで塗り合いっこをしながらその効果に感動!
(中学校の修学旅行で大浴場に入った時のようにはしゃぎました)

特にクリームは肌がしっとりとして自宅でいつも試したい!
と思うほどつるんつるんに♪

シャンプーなどのアメニティグッズやメモ帳、バッグなど一式いただいて
一息つくと、最後のお楽しみがあります!

敷地内にあるオーガニックレストラン「Ruean Mai Horm」で
ハーブを外側からも内側からも取り入れましょうと、
冷たいレモングラスティーと、
ハーブのおやつまで付くんです♪
9

今日のおやつはミャンカム。
ミャン=具材を葉で包んだおやつ 
カム=一口
10
タイでは昔からおやつとして親しまれてきました。
バイチャプルーの葉に数種類の具を乗せて、タマリンドソースをかけて
いただきます。
今まで食べた中でもかなりのおいしさ♪

このレストランでは園内で栽培するオーガニック素材を使用した
ヘルシータイフードとタイフュージョン料理がおすすめです。

この日はご紹介できませんでしたが、次回のお楽しみ♪

内容、スタッフの対応共に、ツアーの中でもmayが特に自信を持っておすすめするJirung。
みんなまた来たい!と連呼してしました。

さて、次回は

♪ト~ラトラトラ、きゃ~ん♪♪♪

をお送りします。

・・・すみません、乱れました。
それほどに癒しの体験をお送りします。
(かなり個人的な主観が入りますがお許しを・・・)

チャクル~大人の文化祭~

様々なジャンルのクリエーターが交流するイベント
『チャクル(Community Bar Chaqru)』
が西荻窪の「がざびぃ」で開催されました。
chaqru

音楽が盛り上がる中、ライブあり、
パフォーマンスありで、みんな生き生きとしてかっこいい!
sadeang1
sadeang2
手作りのお菓子や雑貨、アクセサリー、写真家の作品などもあり、
代表のフカイヒロユキさん曰く
「大人の文化祭」ぴったりのイベントでした。

フカイさんとはあるきっかけから生まれたご縁から、
今回mayは料理を担当させていただきました。
ジャンルはそれぞれでも、人のご縁によって繋がるんですね。

お料理は、
ラープ・ガイ(鶏挽肉のスパイシーサラダ)
ソムタム・ケロット(人参のソムタム)
ゲーン・キョウ・ワーン・ガイ(鶏肉のグリーンカレー)の3品。
somtam
お料理は、妥協なしのすべて本場仕様で参戦です。
なのに何やってるんだろう・・
料理の写真は後でゆっくり撮ろうと思ったらすっかり忘れてしまいました・・

今回は異業界の方ばかりだったので
タイ料理とはなんぞや?
とトークまでさせていただきました。
私はタイ料理を説明する時、
勝手に“ハーブの調合”と言っています。
ええ、もちろんインド料理の“スパイスの調合”のパクリです。

・・・いえ、きちんと理に適っていますよ!
グリーンカレーを例に挙げると
グリーンカレーのペーストは、何種ものハーブ(レモングラス、カー、パクチーなど・・)
をペースト状にしたもの。
これにバイマクルー(こぶみかん)の風味が加わり、
仕上げのバイホラパー(スイートバジル)はたっぷりと。
ハーブの調合でしょ(笑)

するとトーク後に「ハーブの調合という言葉に惹かれました」と
おっしゃっていただきました。
手作りペーストの“ハーブの調合グリーンカレー”を
実感いただけたでしょうか。

タイ料理初めての方から、タイ料理に合わせる飲み物は?
singha
と聞かれ迷いなくビールです。と答えました。
この日は殆どの方が片手にシンハービール

異業界の方々との出会い、新鮮で刺激的な真夏のイベントでした!
sadeang3

フカイさん、関係者の皆様ありがとうございました☆

ご協賛の
株式会社池光エンタープライズさま
ヤマモリ株式会社さま
木徳神糧株式会社さま

ありがとうございました。
(大盛況でしたよ!)