ジョークで胃も癒されて。

お粥
最近は美容と健康の為にお粥を食べるようになってきたが、日本では未だに病人食というイメージも強いと思う。
しかし、タイでは中国の影響を受けた料理として日常的にお粥が食べられている

タイのお粥には大きく分けて2種類ある。
1.米の粒が見えているスタイル=カオ・トム
炊いたお米を、鶏がらや豚のスープと煮る雑炊のように米の粒が崩れていないパターンと、カオ・トム・クイという、味付けをしていない白粥と共に濃い味付けのおかず数種類(空芯菜炒め・卵炒め・漬物・・)と食べるパターン。
カオ・トム一つをとっても奥深い。

2.米の粒が見えないスタイル=ジョーク
本来は米を鶏ガラスープで米の形がなくなるまで煮込むが、時間がかかるのであらかじめ砕いた米を煮て時間短縮しているお店が多い。
私の講習では更に時間短縮したお手軽な方法で講習しています。10分で作れます(笑)

朝、私はジョーク(お粥)を食べることが多い
というのもジョークは、前日に食べすぎた(飲みすぎた?)可哀相な胃を洗浄するかのように優しい味なのだ
トロトロの糊のような状態なので、食欲がない時でもするりと食べられる。

『mayがご案内する食と癒しの旅』
初日のタイ料理をたっぷり食べた胃を癒すために2日目の朝は、ジョーク屋さんにご案内した。

ジョーク・ホンコンという香港スタイルのジョークでたっぷりの鶏ガラでとった濃厚なスープが味わえるお店。
なんと生米から8時間以上もかけて煮込んでいるとのこと。
raan jork

値段によって異なる具を選び、その上に千切りのしょうが、万能ねぎ、パクチーをたっぷり乗せて、胡椒、シーズニングソースを振りかけて食べる。お好みで小さいパートンコー(揚げパン)を乗せて食べる。
jork honkong

一椀の幸せを感じる味。
鶏がらスープが濃いのにさっぱりして美味しい!と大好評だった

ジョーク・ホンコンは、美味しい食堂が密集しているタラート・スワン・ルワン(タイの東大的存在のチュラロンコーン大学の裏)にある。
どっぷりとして威勢がよく見えるのに
「ねぇねぇ、日本人、うちの味どうだったって?また来たいって言ってるぅ??」
と心配性なおじさんが年中無休で出迎えてくれる。
美味しかったらおじさんに、「美味しかったよ」と伝えてあげてください♪

タイ料理にはシンハービール!

先日、シンハービールの輸入元である
株式会社池光エンタープライズ主催
『シンハービールプレゼンツ長澤恵のタイフードパーティー』

が開催され、台風にもかかわらず大勢の方にお越しいただきタイ料理とシンハービールの相性を楽しんでいただいた。
ご参加いただいた皆様、ありがとうございました!!

一口にタイ料理と言っても、北、東北、中部、南部、宮廷・・とそれぞれの地方によって特長が異なり、タイを囲む国の影響を受けた料理も多く、スタイルも手軽に食べられる屋台から庶民的レストラン、高級レストラン・・・とタイでは様々な表情のタイ料理が食べられる。

先日イベントでご用意した料理8品は、地域が異なる様々な表情のタイ料理だが、どのお料理にもシンハービールはぴったり!

カノムパン・ナームー(豚挽き肉の食パン揚げ)
宮廷料理の前菜としてもよく出される上品な料理
豚肉の他に、海老バージョンも人気が高い。
油っぽいので酢漬けのきゅうり、ホムデンが添えられるのが特徴。
khanompannamuu

ソムタム・タイ(青パパイアのサラダバンコクスタイル) 
東北地方を代表する料理。東北スタイルは発酵した魚(プラーラー)を入れるのが特徴だが、ソムタムタイはピーナッツと干し海老を加え、甘さがプラスされた都会スタイル。
9ca4954c.jpg

ヌア・デートディォウ(お日様ビーフ) 
気候的な理由で保存食が多い東北地方ならではの料理。干すことによって旨みが凝縮され、タイ国内でも好まれていない、タイ産牛肉をおいしく食べる方法でもある。

ラープガイ(鶏肉のスパイシーハーブサラダ) 
東北料理には欠かせないカオクア(炒り米)、ハーブをたっぷりと加えたホットサラダ。たっぷりの野菜、東北の主食であるもち米との相性が抜群!
laapkai

ムーサテ(豚肉のサテココナッツソース) 
インドネシア、マレーシアから影響を受けたサテをタイ独自のスタイルにアレンジした料理。豚肉を使うのもタイならでは。
タイでは、食パンと酢漬けのきゅうり、ホムデンが添えられるのが特徴。
muusate

カイ・ルークーイ(揚げ卵のタマリンドソース) 
ルークーイ(お婿さん)というユニークな名の料理。由来はお婿さんの為に作った料理とか、お婿さんがお姑さんに作った料理・・・などいろいろな説がある。酸っぱくて甘い優しい味の家庭料理。
khairuuk

ヤム・ツナ(ツナとアボカドのサラダレタス包み)
南国であるのに不思議とタイでは栽培されていないアボカドを使ったオリジナル料理。レモングラスをたっぷりと入れたヘルシーで講習でも人気のお料理。

ゲーン・キョウワーンとカノムチーン(夏野菜のグリーンカレーとそうめん)
中部の料理らしく、ココナッツをたっぷりと使用したカレー。
タイのカレーは、ハーブの融合という言葉がふさわしく、たっぷりのハーブを潰してカレーのペーストにする。
タイではそうめんと食べるのも人気がある。

シンハービールゼリー(ジェリー・ビアシン)
シャンディーガフからヒントを得たシンハービールと生姜を使ったオリジナルゼリー。泡もゼリーで固めて本物そっくりのビールに。
池光エンタープライズの社長からもお褒めの言葉をいただいたデザートです♪

もうすぐ梅雨明けの東京
梅雨が明ければ更においしくなるシンハービール
スパイシーなタイ料理と共に夏バテしない夏をお過ごしください♪

イベントにご参加いただいた
タイ料理ブログで有名なエスニカンさまタイ在住経験のある小川さまより画像をお借りしました。
ご紹介ありがとうございました。
エスニックブログで有名なhatsumiさまご紹介ありがとうございます

チャオプラヤー川を眺めながら。

“mayがご案内する食と癒しの旅”も無事に終了し、帰国しました

まず、この場をお借りして・・・。
このツアーを企画した時から協力してくださった周りの方々
こんなにわがままなツアーを手配してくださった株式会社フロムツーリスト様
バンコクのガイドさん
企画からツアーまで協力をしてくれた友人
そして・・・参加者の皆様
お世話になりまして、本当にありがとうございました

今回のツアーで一番得たこと、それは人の温かさと人との繋がり
ツアーを思い出すだけでも協力してくださった皆さんの優しさにじーんと胸が熱くなる、大切なことを得たツアーでした。
いろんな事を学び、その上自分が一番楽しませていただいたツアーだったかもしれない(笑)

さて、今日からは私がツアーに選んだすべてのレストランと共にタイ料理をご紹介します♪

今回初めてタイを旅行する方が何名かいらした初日は、バンコクの美しさをご紹介したかったので、バンコクを流れる大きなチャオプラヤー川の夜景を眺めながら食事ができるレストランを選択
chaoprayaa

いつも多くのタイ人で賑わっている「キンロムチョムサパーン」 
チャオプラヤー川に架かる大きなサパーン(橋)が更に綺麗な夜景を引き立てる

ここは、シーフード料理を主体にタイ人が好むロッチャッ(はっきりした味付け)な料理が多い、タイ人に人気のお店。

私のおすすめは、
ナムプリック・カイ・プー(蟹の卵のディップ)
nam prik khai puu

タイ人にとって、ナムプリック(ディップ)は欠かせない家庭料理。
身近などんな食材でもナムプリックになってしまう。
魚、肉、野菜、メンダー(水の中にいる虫)までもがナムプリックになってしまう。野菜やご飯、もち米、カノムチーンとの主食との相性もとてもよい。
この店では、プータレー(海の蟹)の卵をナムプリックにし、コクがあり、辛いので生野菜が進むヘルシーな一品。

ヤム・コームーヤーン・ソムオー(豚とろとざぼんのサラダ)
yam khoomuu yang somo

フルーツが豊富なタイでは、フルーツを取り入れた料理も多い。
例えば、あひるとライチのレッドカレーや、パイナップルチャーハンなど。中でもソムオー(ざぼんのような柑橘系のフルーツ)を取り入れたサラダは定番となっている。
ヤム・ソムオー(ざぼんのサラダ)は、海老や鶏肉をソムオーと和えてココナッツミルクをかけた斬新なサラダ。
肉や魚介の相性がとてもよいが、豚とろとの相性は抜群で、新しい発見ができた料理
豚とろの脂をソムオーがさわやかにしてくれるとってもおすすめの料理♪

プラートード・サーム・ロット(揚げ魚3味)
plaa thod saam rod

タイで、サームロット(3つの味)と言えばしょっぱい・甘い・酸っぱい。
最初、辛さが入っていないのは不思議だと思ったがタイ人曰く「辛さは風味であり味ではない。」うーん。たしかに納得・・
どっちにせよ、その3つの味にもちろん辛さも付いてくる・・。
この店は3つの味のバランスがとても良くてカリカリに揚げられた魚とよく合い、ご飯が止まらなくなる一品。

この日は他に
ソフトシェルクラブのレモングラス揚げ
トムヤムクン
海老のしんじょ揚げ
瓜の茎の炒め物
塩卵といかの炒め物
5つの具の炒め物
海老と春雨の鍋蒸し
蟹チャーハン
 
11品の料理を召し上がっていただいた。

その他に、チャオプラヤー川に笛を吹いて現れるするめ屋さんから、するめを購入
日本では考えられないが、タイの庶民的なレストランでは、売り子がレストランへ入ってきて物を売るのは、めずらしいことではない。

みなさんまず、人のレストランで物を売りに来たことに対してビックリその後さらに私が購入している姿を見てビックリ
タイでは、屋台でするめを買うとプレス機で伸してくれ、甘酸っぱい付けタレも付けてくれるのでとてもお得感があり、おいしく食べられるのである。

初日から既に食べすぎになってしまい・・
食のツアーらしい食事となった

素敵な夜景が楽しめる
キンロムチョムサパーンは、カオサンから近くのラマ8世橋脇。
ここに来たら絶対!のテラス席は必ず予約を♪

写真はツアーに参加された小川さんより提供していただきました
旅のブログを書いてくださっています
是非こちらをご覧ください。