ほんのりアジアが香るお弁当。

GWになり、いよいよ行楽シーズン!

今日のような、半袖でも気持ちのよい季節になると海へ行きたくなるが、暑いタイの行楽として定番となっているのがナムトック(滝)である。

タイ人が集まるとナムトックへ行こう!と必ず誰かが言いだす。
暑いタイでは、日差しが照りつける海よりも避暑のナムトックの方が人気があるかもしれない。また、日焼けをしなくてすむ利点もある。
滝と言っても、ちょっとした渓谷でなだらかな滝があればナムトックと呼び、目的は涼むための水遊びである。

たしかにひんやりと涼しいけれど蚊が多く、刺されやすい私はちょっぴり苦手な場所でもある
長袖、長パンツの完全装備となるために容姿は怪しく、結局は避暑とはいえない状態となる

蚊に刺されない?←でご紹介しているが、
タイ人は蚊に刺される人が少ない。
大勢で行っても刺されるのはいつも一人だけ。
う~ん、香草の作用なのだろうか・・・
未だに謎である・・

それはさておき、行楽と言えばお弁当!
けれど、タイでは気候的に持ち歩きが適さないし、自炊するよりも外食の方が安く済むことや、店も多いことから自宅でお弁当を作り持っていく人は少ない。
バーベキューセットを持ってアウトドアを満喫しているグループもみかけるが、だいたい目的地までのサービスエリアや市場などで買い物をすることが多い。
ナムプリック、もち米、フルーツ、肉や魚の串焼き、カリーパフ(いろいろな具のある揚げパイ)・・・
それぞれいろいろなものを買ってみんなで食べる。
お酒を飲みながら宴会状態になるのがまたナムトックへ行く楽しみのひとつでもある

タイのように手軽に楽しむのもいいけれど
行楽と言えば、私はその日ばかりは苦手な早起きをしてお弁当を作って持っていくことが一番の楽しみだったりする

先日のピクニックではオーソドックスな唐揚げやサンドイッチ、おにぎり以外にちょっぴりタイのエッセンスを加えた料理も作ってみた。
今日はとっても簡単なのに年配の方にも好評だったお料理をご紹介!

ココナッツ海老フライ
いつものパン粉の代わりにココナッツロングを塗して揚げれば
香ばしいココナッツの海老フライに。
スイートチリソースを添えて。
hoishel thod

グリーンカレー風味の帆立フライ
帆立貝にグリーンカレーペーストを塗り、卵液、パン粉を塗してフライに。
市販のペーストは塩味がしっかりとついているのでソースがなくても美味しいし、簡単!
白身魚、イカ、海老でもおいしく作れる。
あれば、バイマクルーをみじん切りにし、パン粉と合わせて衣にしても。

パン、野菜、唐揚げにもぴったりの万能ソース
◆チリソース(ソースシラチャー)とマヨネーズを合わせたスパイシーマヨネーズ。
◆チリソース、または、鷹の爪を5分ほど茹でて柔らかくしてからみじん切りにし、みじん切りの玉ねぎ、みじん切りのバジル、マヨネーズと合わせたスパイシータルタルソース。

タイ料理を食べたことがない方も、スーパーで手に入る食材を使ってアジアのエッセンスを気軽に取り入れてみて♪