南タイ料理。

トムヤムクン、ソムタム、カオマンガイ・・・
日本国内のレストラン一店内で上記すべての料理を注文することができるが、フードコートを除き、タイ国内のレストランではまず、ない。

トムヤムクンは主にレストランや家庭で食べる中部料理。
ソムタムは主に屋台やイサーン料理専門店、家庭で食べる東北料理。
カオマンガイは主に専門店や屋台で食べるタイ中華料理。

タイは大きく4つの地方に分かれ、料理も地方によってだいぶ異なり、さらにはタイを囲む国々の影響を受けている料理が多く、これはタイ料理なんだろうか・・とタイ料理の範囲を特定できないこともある。

最近、私のブームは南タイ料理。
4つの地方の中でも一番辛いと言われる南料理は、ハーブに加えてスパイスを多く使用するのも特徴。
隣接するマレーシアやインド料理から影響を受けた料理も多く、インド料理が好きな私には一石二鳥でもある。

その中で好物のカオモックガイ(鶏肉のスパイス炊き込みご飯)は、タイ料理の範囲から外れた料理かもしれない。

クミン、カルダモン、クローブ、シナモン・・・複数のスパイスを調合して鶏肉とご飯と炊きあげる。そして大量のプリッキーヌーが入った甘酸っぱいソースを添えるお料理。
インド料理のビリヤニとの違いは何だろうかと思ったが、ここがあえてタイ料理なのかもしれない。

先日作ったカオモックガイは、好みに合わせスパイスたっぷりご飯にしてみたら完全にタイ料理の範囲から外れた料理となった・・
khaw mok kai

さて、日本国内では南タイ料理が食べれる店は非常に少ない。
都内でも2,3店ほどしかなく、原因には南出身者が他の地方に比べると少ないからではないかと思う。
なぜかと南出身の方々に聞いてみると、「南は観光業だけでやっていけるから、わざわざ日本に出稼ぎに行く必要はないんだよ」と同じような意見を複数の人が答えた。
しかし・・南は観光地であるプーケットだけではない。。。
果たしてこの情報は正しいのか・・

相思相愛。

ある全く異なる環境で育ってきた食材同士が出会った時に生まれた味

たとえば良く知られているまぐろとアボカド。
出会うことでお互いを引き立てる組み合わせってなんだか恋と似ている。

お酒と食材の組み合わせ。
たとえば日本酒とお刺身。チーズとワイン。
異食文化の組み合わせ。
たとえばタイ料理と西洋料理。タイ料理と和食。

どちらかが強いと片思いに終わり、結局合わない組み合わせとなることも多い。

先日、タイで見つけたレストランからヒントを得て作った料理たちは見事にカップルとなった。

牛グリルとタイマンゴーのタマリンドソース。
タイマンゴーの甘さが牛肉のコクを引き立て、タマリンドソースが味を引き締めた、新しい発見!
nwa mamuang

タイで食べた
トントロとグレープフルーツのサラダ。
トントロの脂をグレープフルーツがさっぱり、さらにジューシーに。
khoo muu somuo

実は、来月から某雑誌のフュージョン料理レストランのレポーターのお仕事をさせていただくことになり、さらに食材の勉強しようと決意したのである。

今、私の役目はカップルをどんどん誕生させること

キューピッドとは綺麗すぎるかしら・・。
お見合いパーティーの主催者・・でもいいか。

帰国。

かなり遅いご挨拶となってしまいました。
新年明けましておめでとうございます

タイから帰国しました。
最近タイへ行くと何かしら問題が・・・。
前回はクーデター当日、今回はテロ事件と・・。
関係ないのにタイ人に謝ってしまった

31日、伊勢丹前にカウントダウンに行く予定が、
バンコクで7箇所のテロ事件が発生し、4時間前にはすべてのイベントが中止となってしまった。

仕方なくしょんぼりとホテルへ帰る途中に、偶然テロ発生現場を車で通りかかったら・・・。
発生からほんの3時間なのに、現場には警察官も既に立ち去り、誰もいない。
道路には凹みがあるのみもかかわらず、日本では数日間は立ち入り禁止になると思われるロープやブルーシートすらない。
このことに驚いたのは日本人だけだった・・。

また、新年を迎える頃には多くの人で埋め尽くされる伊勢丹前に、今まで見た事がない静まり返った風景を見て悲しくなってしまった。

東南アジアでは安全とされてきたタイ。
最近の複数の事件によりイメージダウンに拍車がかからなければよいのだが・・。

残念な2007年のスタートとなってしまったが、非常時こそ
タイのイメージアップになるように盛り上げて、
タイ料理で日本とタイの架け橋が更に強くなるように活動をしていきたい。2007年もタイをご紹介

本年もどうぞよろしくお願いいたします