ネーミング効果☆

先日、渋谷にあるフードコーディネータースクール チュア・レ・ゾンにて
ヒットメニューの開発方法をテーマに講義をさせていただいた。

以前、レストランやカフェでメニューコーディネートをした際の経験を元に講義を進め、そのひとつにメニューネーミング効果のお話にふれた。

ネーミング効果。
料理と顧客との最初の接点を結ぶメニュー。
実際に料理がどんなに美味しくても目と感覚で“食べてみたい”と顧客の欲求を高めれなければ意味がない。

タイ料理を担当させていただいているガドガドクラブでのこと。
講師になってまもなくの頃、タイの人気料理で勝負しても一向に参加者が集まらない
困り果て、参加者ゼロを覚悟で有名ではないけれど自分の好きな料理をご紹介したことがある。

チェンマイ地方の日本でもあまり知られていない伝統料理がなぜか大当たり。
代表の山野講師も「???」私はさらに「?????」
「トマトのスープそうめん」というネーミングだったのだが、参加者によると、どんな料理なのかとても興味が湧いたとのこと。
ヘルシー感が良かったのかもしれない?

その時、ネーミングの大切さを実感した。
以前、山野講師からネーミングの重要性について度々とレクチャーをいただき今、実を結んでいる。

また、ごく身近なところでもメニュー開発は勉強できる!
私の行きつけの季節料理の店は、いつも大繁盛!

味、雰囲気、サービス・・繁盛する要素がいくつもある中、メニューについて言えば、どのメニューもコンセプトである季節感を感じさせるネーミングばかり
古臭くなく、斬新過ぎてもいない。
よって、幅広い年齢層の顧客がいるのではないかと思う。
メニューに写真はなく、まさに感覚のみでおいしさを表現している

繁盛するメニュー開発を行えるように始めた事がある。
感受性を磨くためのトレーニング。
レストランに行った際、頼んだ料理にオリジナルのネーミングをつけてみる。
季節感・オリジナル性・親近感など・・・
店の雰囲気に合わせたネーミングを考える

中にはちょっと凝り過ぎて自分で寒くなって鳥肌が立ったり・・・
やばすぎる~~と一人で爆笑してみたり。

一緒にお食事する方・・・
ひとりでボーっとぶつぶつと・・・まぬけな顔(-“-)をしていたら注意をしてください

エッイーエックエックーーー?

日本語レッスンを始めて一ヶ月以上が過ぎた。
彼女はめきめきと上達している

約2ヶ月で彼女が得意となったのはなんと助詞である
タイに助詞が存在しないなか、これを得意とするのは
本当に素晴らしいことだと思う

小学校2年生の教材で助詞を空白にしてもすべて当てることができた。

漢字も見事に『音楽』レベルの小学校2年生くらいまで対応できるようになった。2ヶ月でそんなに・・・!??

なんと彼女の勉強時間、1日6時間以上らしい
施設で強制的に学ぶのでなく、自主的に6時間という時間は根性がないと挫折するだろう。

彼女は学習した内容をまとめて表を作り、家の中に貼りまくっている。
ご両親から「どこか一箇所にまとめろーー」と言われてるらしいが(笑)

私は行くたびに彼女からいい刺激を受けている
たぶん、精神的には私が勉強してると言ってもいいかもしれない。

前日には書けなかった漢字が、次の日にテストすると50語も覚えているのだ
その日の勉強量を考えると涙がでそうになる
私なんて簡単な漢字を思い出せずいつも固まってしまうのに・・・

さて、教材として使用している童話には、『比喩(擬音語・擬声語・擬態語』が多いことに気づく。

ワンワン・きらきら・のそのそ・ぴょんぴょん・にゃーにゃー
コケッコッコー・・・・・

私自身、レシピ名に多く活用してるので比喩の表現はとても興味深い。
(パリパリ揚げ・カリカリヤム・・・など)

タイでも擬音語は同様に存在するが、私も彼女も違和感にいつも爆笑しまくっている。

一例を挙げると、
ワンワン→ホンホン
ニャーニャー→ミョウミョウ
コケコッコー→エッイッーエックエック
カリカリ→クローップクロープ
キラキラ→ライップラヤップ(星など)

「ピーメー、鶏はコケコッコーなんて鳴かないよ~(爆)」

エッイーエックエック・・・・
鶏に関しては日本の方がはるかに近い気がするが・・

若者の言葉 ~きくあのね~

日本アニメ、芸能人、緑茶・・・
タイでの日本ブームは最近韓国にやや押されつつも、日本人気はとどまらず、根強い

絶対に存在しないであろうと思われる日本らしきアニメキャラや、思わず笑ってしまう日本語が街には溢れている。

日本で若者言葉?
があるようにタイでも若者言葉は多く存在し、その中には、
日本語的タイ語というものも存在する。

代表的なものに、・・・
「きくあのね」
へっ・・

意味はなんと『日本人のように可愛らしい』

『きく』は、子供のような格好や、子供のように振舞っている様。

『あのね』は、感動詞・接続詞のあのね
この言葉が可愛いのだと思われたことにも意外性を感じた。

例:友人と待ち合わせをし、可愛らしい格好をしてきた時

「aau!อ้าว(驚きの感動詞)wanneeวันนี้(今日) KIKUคิคุ(格好が可愛い)naaน่ะ(ね~) 」

訳:やだぁ!今日ちょーかわいいじゃん!
〔『あのね』は、省略してもいいらしい(爆)〕

きくあのねの定義として、フリフリとしたスタイルは外せないらしい。
色はピンクや水色が主流?らしい・・び、微妙。。

タイで、「きくあのね♪」
タイ人もびっくりすること間違いなし・・・!

タイおもしろ言葉・若者言葉?
今後もご紹介します♪

32歳、転機!

昭和49年女。
32歳、厄のど真ん中である
今年前半は見事に直球をバシバシと体で受け、おおー、さすが本厄!!
本厄という言葉に感心さえした

さすが限界を感じ、生活スタイルをちょっと変えてみたり、
厄払いに行き、厄脱出作戦は成功に向かっている

実はタイにも日本同様、厄年に当たる年の巡り合わせがある。
タイでは25歳。
ベンチャペーット『เบญจเพส』と呼ばれる歳。

災難に遇わない様、気をつけなければならないというよりは、
タイでは転機の時期という概念の方が強いらしい。
実際に25歳を迎えた友人3人に伺ったところ、3人が最高の歳だと語ってくれた

ポジティブな思考は運命と比例すると。。
タイ思考で〔厄年は転機の歳〕だと信じることにしたら
気が楽になった。

先日、その転機にふさわしいイベントを

タイの会社を立ち上げられた
タイコンシェルジュの清水千佳さんと、

タイ料理フードコーディネーターのらーぷさん
私mayと、3人による
企画チーム発足イベントをタイ料理トンタイで開催した

総勢56名!
『タイ・イサーン料理とビールで夕涼み』
という企画名からはほど遠く、(笑)熱気溢れる雰囲気の中でご挨拶をさせていただいた。

タイは関係者はもちろんのこと、女性企業家の方々や各業界でバリバリと活躍されているパワー溢れる方に囲まれ、店全体がキラキラ☆とオーラに包まれていた。
そんな素敵な方々とご一緒できたこと、本当に感謝

夢に向かっている人はみんな輝いていて、笑顔が素敵な方ばかり!
刺激とパワーをいただいた一夜となった。

お忙しい中お越しいただいた皆様

シンハービールを御協賛いただき、日頃お世話になっている
(株)池光エンタープライズさま

いつもご協力をいただいている
タイ料理トンタイのオーナーさま
ありがとうございました!

出会いに感謝♪
素晴らしい転機の一日♪
ご紹介いただいたブログです。ありがとうございます!

中国語スクールを運営されている、とても素敵な
中国ジュリエンズ有限会社
山崎こずえ さま

タイ料理とインド料理のエキスパート!
エスニカンさま

やっぱり個人旅行じゃなきゃ!

カオマンガイ
カオ(米)マン(油)ガイ(鶏)。
直訳すると鶏風味の油っぽいご飯で、タイ料理としても高名な屋台料理。
おいしい店は、朝から晩まで客が途切れることなく出入りしている
中国、シンガポールなどのアジア全般に分布し、タイの屋台でも中国人がオーナーの店が多い。

先日、タイ、インド、中国、アジア全般に造詣の深い方々とシンガポール料理の店で食事をした
目的はシンガポールのカオマンガイを食べること。

シンガポールは10年以上も前(汗)にパッケージツアーで参加したが印象が薄く殆ど記憶にもなかった為に、今回のシンガポール料理は尚更興味深く、沢山のシンガポール料理を紹介していただいた。

チリカンコン(空芯菜炒め)
pak bung

タイでお馴染みのパックブン・ファイデーンと違うのは調味料。タイはタオチオ・オイスターソースなどを使うのに比べて干し海老を潰してコクのあるソースで新鮮に感じた。

ペナンラクサ(魚出汁のあっさりライスヌードル)
rakusa

私の今日の一番のお気に入り♪なんとまだメニュー開発の試食段階!
この店を紹介していただいた方のお陰で試食をさせていただいた。
いわしの出汁に、パイナップル、ミント、赤玉ねぎが入り米麺が入る。
タイのグエイティオーに比べるとコシがあり、見た目は給食のソフト麺ぽい(笑)
これはなんとカノムチーン・ナムヤーパーにそっくり!
由来が関係しているのでないだろうか??

サテ(肉の串焼きピーナッツソース添え)

sate

鶏、豚、牛のサテが2本づつ盛られてピーナッツソースが添えられている。タイのソースよりもスパイスが効いていて、またインドネシアのサテとも少し異なるようだった。

海南鶏飯(ハイナンチーファン)
hainanchifan

今日のメイン料理。
タイはタオチオ・ショウガをベースとし、砂糖やレモン汁などが加わるがシンガポールのハイナンチーファンは、3つのタレを添えるのが主流らしい。
シーユーダムのような黒いソース、ナムチムカオカームーのような甘酸っぱい唐辛子ソース、生姜と玉ねぎを炒めた?ようなソース。
そして、鶏の出汁をたっぷりとしみこんだ香りの良いライス。
シンガポールのハイナンチーファンvsタイのカオマンガイ。。
うーん・・甲乙付け難い・・・

このほかに色々食べて全部で13品!

シンガポールではツアーだったために、ありふれた中華料理やバイキングの食事だったが、こんなにおいしい料理をすべて逃していたのだと思うと今更になって非常に悔やまれる・・・・
もう一度行って食の個人旅行しなきゃー

タイの時代♡→ェ←♡

たまたま見たテレビで出演していた、タイで大人気の2人組Golf&Mike。
日本のアイドルとユニットを組んだと聞いた。
タイでも日本のアイドル(特にジャニーズ)は大人気で、友人は「ヤマピーでしょ、○○でしょ、△△でしょ・・」
日本人ながら聞いてもさっぱりわからない

Golf&Mikeは、まだ日本でデビューして間もないのに人気急上昇らしい。
実際タイでも新人ながらかなり知名度のある芸能人
色白で綺麗な顔立ちのイケメン2人は実の兄弟なのだとか

今日は、女子バレーワールドグランプリをサポートするアイドルとして彼らが出演していた。
内容は、バレー選手と前に置いてあるトムヤムクンを食べ、誰が激辛を食べたかを当てるゲーム

2人のうちのどちらかが、「カッラ~~ッ!!(日本語が上手でびっくり!)」とオーバーリアクションをしていた。
男性タイ人・・・絶対それはない、ない・・と冷めて見てしまった(笑)
演技が上手だったのか彼が指名されたが案の定はずれ。。

この後、衝撃的な場面が!
コンサート?の内容になんとタイ語一言レッスンを取り入れていた
会場全体が『マイペンライ』と叫んでいたのを見て・・・

タイの時代が来た~
と思ったのは私だけかしら・・・。

韓流ブームがあるように
タイ料理・タイ語・タイ映画・・・・
泰流ブーム!?(ベタすぎ)が来ること確信

日本語スパルタレッスン!?

プライベートレッスンで日本語を教えてから2週間
目標は2ヶ月でひらがな・カタカナ・小学校1年生までの漢字の読み書き・単語・及び簡単な会話ができるようになること。
責任重大である

彼女は大変勉強熱心で、大量の宿題・予習まで丁寧にやりこなす。
日本へ来る前にも独学でひらがな・カタカナは勉強したことがあるせいか吸収も早く、指導している私の方が楽しくなってしまうほど上達が早い

日本語を勉強すること・・・
日本人の視点から見て日本語には声調がなく、発声しやすいのではないかと思っていたが大きな間違いだということに気づかされる。

外国語を勉強する上で最初の難関は、母国語にない音を発声することだと思う。

実際に自分がタイ語を習得する上で苦しんだのはまさにこれ。
私の場合は独学だったので友人を前に座らせ、目的の音になるまで何度も聞いてもらう。つき合わされる友人はたまったものではない
同じ単語を何百回・何千回言ったのだろう・・・
自ら選んだ、今更流行らないスパルタ方式(!?)であった

反対にタイ人が苦しむ音がある。
『ち』と『つ』
この音はタイにはない音のために多くのタイ人は区別がしづらいと思う。
そこで今日は子音の区別を特訓しながら単語数を増やす学習法を取り入れた。
舌の位置、息の吐き方、口の動きを説明して何度も発声させる

『し』と『ち』
『す』と『つ』

タイで流行語とまでなったTSUNAMIは、
タイ文字でスナミと書いてある。

特訓すること15分。
彼女も限界を感じていたそのとき!
『ち』!!!
はっきりと聞こえた『ち』。
それを確認した時の2人の喜び・・
がっちりと握手を交わした。

2週間の中で一番嬉しかった瞬間だった

彼女は嬉しそうに何度も『ち』と繰り返していた。
一度言えるようになると、不思議とヒアリングもできるようになってくる。
今までは<ちかい>を<しかい>と書いていたのが、発した言葉を正確にひらがなで書けるようになったのです~~

あと一ヶ月半・・・
目指すは簡単な会話まで!!
頑張るぞーー

真夏のエスニック対決☆

好評をいただいているタイ・インドネシア料理対決の2回目は辛いエスニック料理

タイはカーオソーイ(チェンマイカレーヌードル)
タイは米麺が有名で中華麺は印象が薄いように思われがちだが、
タイでも中華麺は人気で、細い麺から太い麺、縮れ麺からストレート麺、色のついた麺までバリエーションも豊かに揃っている。

このカオソーイには太麺が使われる。
ミャンマーの影響を受けた料理で、味もコッテリ系
これが日本人受けする味で、日本でも数年前にテレビで紹介されてからじわじわと人気のでた料理。
今や、日本で専門屋台まである人気料理♪

この料理の魅力は、パフォーマンス性があるところではないだろうか。。
茹でた麺、揚げた麺が一緒に一つの器に盛られ、青菜漬け、赤玉ねぎなどのトッピングを乗せ、最後にレモンをきゅっと絞る。
さらに辛~い唐辛子ペーストを乗せて食べる
トッピングの野菜たちがさっぱりとさせ、スープはこってりなのにさっぱり、複雑な味わい
食べたことがない方は是非!

いろいろな味が楽しめる♪
khaao soi

対するインドネシア料理はアヤム・ゴレンダブダブ。
アヤムは鳥、ゴレンは油で揚げた料理=鶏のから揚げダブダブソース
となるらしい。
インドネシア料理は、家にある身近な材料で作れることも人気の秘密だと思う。
トマト、ピーマン、玉ねぎなどをみじん切りにしてソルトベースのソース
なのに、日本の味とはまったく違う。
スパイシーでエスニック。
この講習がスタートしてから更にエスニックの魅力を知ることが
できた。
正直自分がこの講習の一番の生徒なのかもしれない

野菜たっぷり♪アヤムゴレン
ayamgoren

デザートはやっぱり夏はすいか。
この日のすいか、すっごく甘くてインドネシアのすいかジュースにしてもタピオカのひんやりタピオカに入れても最高♪

そして来月はいよいよラストの対決!
タイ
ニュースタイルなグリーンカレーチャーハン
インドネシア
チャーハンの王道!ナシゴレン
2つともチャーハンにぴったりの揚げ卵つき♪

さぁ、どちらが勝つのか・・・・?
タイトルで対決と謳っているけれど
実際には勝敗を決めたことは一度も・・・ない

だって、どっちもおいしいんだもん♪
ということで、まるーくいきましょう