まんまるソーセージ★

サイクロークイサーン。(東北地方のソーセージ)

夕方になるとイサーン屋台では炭火を使って焼きはじめる。
モクモクと煙が立ち昇ると少しスモーク状態になりソーセージは更においしさを増す

屋台によって形は異なるが私はまんまるな形のサイクロークが好き。

「20個ください。」

「20バーツね。」

おじさんは、親指の頭ほどしかないサイクロークを目を細めて数えている。
もっと大きく作ればいいのに・・・。

「小さくて可愛いですね。」

おじさんはとびっきりの笑顔を返してくれた。
きっと小さく作ることがおじさんのプライドなんだろうな。

水をはったバケツの中にしょうが、キャベツ、パクチーが無造作に入っている野菜たちはなんと好きなだけ自分たちで袋に詰めてもって帰ってよいと言う。
感動・・・♡→ェ←♡ たった20バーツの買い物で取り放題なんて。
サイクローク屋台に限らずタイの屋台は、野菜取り放題の太っ腹(笑)な屋台が多い。

さて、最近手作りソーセージに夢中になっている。
サイオア(北部のハーブソーセージ)に続き第2弾は
サイクローク・イサーン(東北地方のソーセージ)。

サイオアとの大きな違いは発酵させる過程があること。
発酵させるための材料となるのはお米とにんにく。
炊いたご飯が発酵を促し、酸味が不思議な味の深さとなる。

暑い時期ほど発酵するので実はこれから時期こそがソーセージ作りにはベストシーズン。

暑かった今日、サイクロークイサーンを作った。
今日から3日間お日様の下で発酵させる。
3日間とっても待ち遠しいがそれがおいしさのエッセンスと思えば我慢も楽しいかな。
あぁ、それにしても待ち遠しい・・・。

おじさんのように小さくはないけれど
まんまるサイクローク。
saikrok isan

10月期メニュー発表☆

いつも頭を悩ますメニュー
まだ気が早いようだがもう10月期のメニューが決まりました
ようやく決まった6回メニューは・・・

1.森のカレー geang paa
  野菜たっぷり、ハーブたっぷりの激辛スープ
  
  鶏皮のパリパリおつまみ nang kai thod
  ビールがとまらないおつまみ!
  かりかりのコツを伝授します。

  ジャスミンライス khao suay
  
  ココナッツかぼちゃプリン fakthong sankhayaa
  ホクホクかぼちゃと濃厚プリン♪

2.いろいろトッピングのガピ炒めごはん khao kluk kapi
  香ばしいごはんにトッピングをしたボリュームメニュー。
  
  春雨と豆腐のスープ geang jerd unsen
  ホッとするスープ日本人が大好きな味です。
  
  ジャスミンライス khao suay
  
  ココナッツぼうろ khanom pin
  口に入れるとふわぁ~となくなっちゃうココナッツボウロ。

3.東北のチキングリル&豚とろグリル kai yaang kap khor muu yaang
  クリスマスらしく豪快に焼き上げます。
  
  東北のスパイシースープ tom seap
  スパイシーと酸味、東北を代表する牛肉スープ。
  
  タイもち米 khao niaw
  
  バイトゥーイの白玉団子 khanom bualory
  鮮やかな緑のお団子をココナッツ仕立てに。

4.いかとミントのサラダ yam plaamuk
  たっぷりのしょうがとミントのおもてなしメニュー。
  
  鶏肉のココナッツ温麺 khanomjin namyaa kai
  タイ独特のスタイルではまってしまう一品です。
  
  カラフルおもち khanom chan
  お祝い事に必ず登場する伝統的デザートです。

5.薬味たっぷりとろとろおかゆ jork 
  調理法にびっくり!寒い冬でも体はぽっかぽか♪
  
  豚挽き肉のハーブ揚げ thod man muu
  スパイス、ハーブたっぷりの新しいスタイルです。
  
  マンゴーとハイビスカスのふるるゼリー un kaciap
  マンゴーとハイビスカスの甘酸っぱいコンビです。

6.チェンマイラープ laap nua
  東北地方と異なるスパイスラープです。
  
  唐辛子のディップ生野菜添え namprik num
  辛いけどとまらなくなるディップ。

  タイもち米 khao niaw
  
  季節のフルーツシェイク nam pan
  季節のフルーツをタイスタイルで。

恒例のクリスマス講習、今年は人気のガイヤーン、トントロのイサーン料理でパーティ♪
シンハービールも一緒に寒さを吹き飛ばしましょ♪

夏が来る前から冬の話題で恐縮です。。。
錦糸町はおかけさまで満員となっていますが、7月よりキャンセル待ちを受付しますのでお早めにどうぞ♪

詳しくは読売文化センター錦糸町まで。
03-5625-2131

丸鶏を使って豪快に
kai yaang

ヘルシーなとろとろおかゆ
jork muu

おすすめ!夏ごはん♪

最近また気になっている野菜、トマト
シュガートマト、フルーツトマト、塩トマト・・など素敵なネーミングで売られていてどれもフルーツのような甘みの品種ばかり!
極力少ない水分で栽培すると甘くなるのだとか。

青臭い昔ながらのトマトも好きだけれどフルーツトマトの甘さを知ってからはやっぱり虜に。
おいしいトマトは生で食べるのもいいけれど火を通して食べても旨みが凝縮されて最高♪

今月のレシピは太陽をたくさん浴びて育った旬のトマトが主役のとってもおすすめのレシピです

相性バツグン♪牛肉とフルーツトマトのガパオごはん。
gapraw saam sii

牛肉とフルーツトマトにガパオをたっぷりと加えたワンプレートごはん
半熟に仕上げたカイダーオ(揚げ卵)を添えて、
スパイシーで元気な夏ごはんを楽しんで

レシピはHPで♪
http://titcaithaifood.fc2web.com

香りのカレー ゲーン・プルゥ

‘タイカレー’
グリーンカレー(ゲーン・キョウワーン)
レッドカレー(ゲーン・デーン)
イエローカレー(ゲーン・カリー)・・・など。

カラフルな色のカレー達はココナッツベースで甘い香りとスパイシーな風味のバランスが魅力的なカレー。

タイ語のゲーンは日本語でカレーと訳されているけれど正確には‘汁物แกง’と訳される。

グリーンカレーも、ココナッツミルクの入らないタイスタイルのスープも総称してゲーンと呼ばれている。

タイには数え切れないほどのゲーンが存在するけれど実はココナッツミルクを入れないゲーンの方が不思議と圧倒的に多い。
特に東北部の郷土料理はココナッツミルクを使う料理さえ殆どない。

昨日作った2品目のお料理はは東北地方のトロトロカレー、ゲーン・プルゥแกง เป่รอะ

ヘルシー♪ゲーン・プルゥ แกง เป่รอะ
geang preu

このお料理、私の大好物。
たっぷりのたけのこ、かぼちゃ、きのこの他に、チャオムという
タイ野菜を加える。独特の香りがあり、食物繊維も豊富でとってもヘルシーな野菜。
そのほか、バイメンラック(ヘアリーバジル)、苦手な人も多いプラーラー(発酵魚)も入り、云わば香りのカレー

香りの強い材料ばかりなのに一つの鍋の中で出会うと一体感を感じるのはなぜだろう・・・

そしてトロトロのコクをだしているのはもち米を砕いたもの。
東北の料理にはこのもち米を砕いたカオクーアが入ることが多い。
有名なラープやナムトックに入れるほか、カレー、肉を焼くときにもまぶして焼いたり・・・東北地方特有の調味料です。

このゲーン・プルゥは荻窪10月に予定しているメニュー。
初登場のプラーラー(ปลาร้า)もお目見えしますぞ♪

ラープ・ヌア

ラープ・ヌアลาบเหนือ
牛肉のヌアเนื้อではなく北のヌアเหนือ。
直訳すると北地方のラープ。

ラープと言えば東北地方を代表するだけれどラープ・イサーンとは全く異なるお料理。

東北のラープに欠かせないのがカオ・クーアという炒り米に対して
北のラープに欠かせないのはスパイス類。

カレーを作るかのようにスパイスを使う。
パクチーの種、さんしょう、八角、クミン、唐辛子・・・その他たくさんのスパイス、それを数種類のハーブと合わせてナムプリック(ペースト)を作る。
作る人によっては何十種類ものスパイスを使うらしいが、このスパイスは粉状になったものがセットになって売られているのでとても便利。

また、これらのスパイスの一つ一つは
食欲増進
血流をよくする
めまい
消化作用
解毒作用
血圧のコントロール
利尿作用・・・などの効果があり生肉で作るラープを食べても不思議と中らない。かな

タイで食べたときのこと。
あまりのおいしさにパクパク止まらなくて
気づいたときには、きゃぁ~やってしまったぁ~
しかし、時既に遅し・・・
10分後からお腹とにらみ合い。来るの!?来ないの!?

それから数時間長かったが、もう大丈夫。来なかったのだ。ほっ
これもたっぷりスパイスのお陰なのかしら。

しかしながら生肉や生血は肝炎になる危険性もあるので政府も加熱するように呼びかけているのも事実。
おいしいからといって気をつけましょう

さて、今日は料理教室の私の相棒とラープヌアの試作
といっても9月までのメニューには掲載されていない、これから発表する10月からの新メニュー。

スパイス、ハーブたっぷりのラープ・ヌア
laap neua

教室ではたくさんのスパイスを揃えるのはとても無理なのでスパイスセットを使って手軽で簡単に♪
スパイスセットを使っても、ラープのスパイシーな風味は十分納得できる味で2人とも大満足

このセットは私がお薦めする茂原のタイ食材店ラーン・プラーで簡単に入手可能だし、1袋に2,3回分は入っていて保存が利くのでとっても便利な調味料。

近日中にUPする10月以降のメニューになる予定です
火を通して作るのでどうぞご安心を(笑)

手作りソーセージ。

講習が近づくと食卓はタイ料理に染まる。。
初メニューともなると連日殆ど同じメニュー。
そして家族みんなからため息

最近家族を困らせているメニューは
サイ・オア ไส้อั่ว(北部地方のハーブソーセージ)
ナムプリックオーン น้ำพริกอ่อง(ミートソース北タイスタイル)

サイ・オアを作るときはまず豚の腸の掃除から。
水道の蛇口に腸の切り口を差し込み水を出すと、昔よく遊んだ水風船のようにぷくーぅと膨らむ。
でも考えてみたら豚の腸だもの。結構驚く。何がって・・途中で鼻が曲がっていないか確認したくなる(笑)
それでも豚の腸の長さに感心したり伸縮性に驚いたりしながら楽しく作業ができる。
中身の豚肉をトントン叩き、たっぷりのハーブをざくざく刻んでできた手作りソーセージは手間のかかる分だけ感動もの

・・・とここまではタイで作ったお話。

日本で作る場合に悩むのは豚の腸の入手場所。
普通思いつくのはお肉屋さん。
それが衛生面の問題から殆ど売られていなく、なんと売られているのは
東急ハンズやロフトのバーベキューコーナーである

アウトドアの季節なのか手作りソーセージのブームなのか
フランクフルト用の豚腸、ソーセージ用の羊腸、更には
ソーセージ専用の肉のミンチ機までバラエティー豊富に売られている。
腸はアルミのパックに入り塩漬けにされて加工してある上に
きちんと中で巻かれていて簡単に具を詰めるように工夫されている。

今週土曜日の講習のサイ・ウアに使用するのはこの豚腸。
もちろん腸の掃除も必要なし(笑)で簡単にソーセージが作れるのには感動もの
マイルドでコクのあるナムプリックオーンとたっぷりの生野菜。
そしてもち米と共に、最近タイへ行っていない人も北タイへトリップしましょう♪

腸が破れてしまった今日のサイウア。
sai oa

生野菜がススむおいしさ♪
nam plik ong

地域は違うけれどスーパーで安かった新鮮な金目鯛のレモンガーリック蒸し。
plaa nung manau

博打なタイフェス。

毎年どちらか1日天気の悪いタイフェスティバル
週間天気予報でも連日土、日共にマーク

何度かお手伝いをしていた私はどうしても出店側の感覚で見てしまう。

出店側からしてみれば博打状態
まず、場所。
毎年、大使館で行われるくじによって決まる。
場所によって1日で50万以上の差がでてしまうのも事実。
そしてなんといってもこの博打の勝敗の行方は天気

雨では出かけたくない。寒ければビールは飲みたくない。よっておつまみは食べない。
温かいヌードルで済ます人も多い。

土曜日。
朝からしとしとと降る雨。
吐く息が白い。人出は例年の1/3・・いや、1/4くらい。

「見てよ、この春巻き今日の分まだダンボール2箱あるんだよ」
「この野菜たちみてよ~」
うぅ・・ひどい。友人の店はどこも惨敗。
明日の日曜日はまとまった雨になるというし。
今年のタイフェスはひどすぎるぅーー。。

日曜日。
曇り空のものの、気温は低くない。
だんだんと日差しもでてきて午後にはあっという間に人の列・・列!

炭火で焼く香ばしい香り。
タイアーティストたちの音楽
汗をかきながら食べるスパイシーな料理

タイの雰囲気が公園内に充満していて、これぞタイフェス。

「昨日のダンボール2箱なんとかなくなりそうよ」
よかった、よかった♪

日曜日は賭けに勝ったと言えるかもしれない

来年のお天気は?
来年のアーティストは?
今から気になってしまう私です

ネーム・ピン
炭火焼手作りソーセージ。
neam ping

海の宝石ヤム☆

この時期(すでにもう終わりに近いけれど)しか食べられないほたるいか。

蛍烏賊・・・海の宝石って素敵すぎる。
幻想的というほたるいかの漁を一度は体験してみたいなぁと思っていながらなかなか機会がない。
身は甘く、小さな体にワタがたっぷりと入っていて複雑な風味が最高♪

つるりと透き通ったほたるいかは生で食べるのが最高だけれど、寄生虫がいることがあるので、それを知ってからは仕方ない・・火を通して食べることにしている。
パスタにしてもおいしいし、サラダにしてもおいしい。
今日はヤムのソースでサラダにしてみよう。

ほたるいかヤム

ポイントはねぎ
千切りにした万能ねぎを水にさらせば、くるくるくる。
カービングからヒントを得て作ってみたら見た目もかわいいし、
食感の楽しいサラダになった。

材料は和だけれどタイのソースと相性がぴったり♪
なんといっても日本酒にもぴったりだったのが○。

あと半月もないほたるいかの季節、今からもまだまだ楽しめそう♪
レシピは近日中にHPにアップします。

ご心配おかけしました。

先日のブログに骨折の記事を載せたところ、何人もの方から励ましのメールやメッセージをいただきました。
ほんとうにありがとうございます~

講習のお問い合わせメールもいただきましたが、予定通り全教室行いますのでどうぞ宜しくお願いします。
多々ご不便をおかけしますがみなさんにご協力をお願いし、
デモンストレーションはみなさんに参加していただきたく思います。

先日の講習では目の合った方に前に(笑)前に出てきていただき、
混ぜていただく方、炒めていただく方、野菜を切っていただく方・・・
お願いしたところ、和気藹々♪
いつもの講習よりも評判がよかったかも・・(苦笑)

2,3ヶ月ほどご不便、ご迷惑をおかけいたしますがどうぞ、宜しくお願いいたします

そして、こんなに心配していただきみなさんにお会いできたこと、ほんと感謝です

実は私、今年本厄。。。
あまり厄年というのを気にはしていなかったけれど、厄の廻りってあるんだなぁ。
自分の周りに影響するというし。
この2週間で飼い犬も骨折して入院、家族は肺炎にかかり。車はガリガリとぶつけられる・・・・

ゴールデンウィーク中に厄除けに行って、厄を振り払ってからみなさんとお会いしますのでどうかご安心を~~